2005年01月17日

震災から10年

1995年1月15日午前5時46分。今まで体験したことのない、そしてこれから死ぬまでおそらく体験することは無いであろうという大地震を経験した。暗闇の中、何が起こったのか分からず、薄ら明かりの中、倒れ崩れた家屋を目の当たりにし、この世のものとは思えない現実であった。夜が明けるにつれて徐々に被害の状況は分かってきたが、それこそまさに信じられないことばかり。泣き叫ぶ子供、あちこちから上がる火の手。戦争は知らないが、空襲の後はこんな姿だったのかも知れないとふと思った。当時、神戸大学の大学院生であった私は2.5万円/月のアパートに住んでいた。たまたまアパートの棟が南北方向に縦長であったため崩れなかったが、もしこれが90度ちがう構造であれば間違いなく1階に住んでいた私は、2階の下敷きで死んでいただろう。そう考えれば今生きているだけで不思議な気分である。「生きてるだけでまるもうけ」これはこの震災を題材にしたNHKの朝ドラ「わかば」のおばあちゃんの口癖。本当にそう思う。震災を生き延びたことを感謝。そしてその後10年経った今、死産という悲しみを乗り越え、最高のクリスマスプレゼントを得た今、本当に幸せであることに感謝。そしてこれからも幸せでありたいとつくづく思うのである。
今朝は土曜日の停電後の復旧作業のため5時に起床。46分には西に向かって黙とう。
6時6分の電車で会社に向かう。7時過ぎに会社に着くが極度の腹痛、吐き気に襲われ出社を断念。
半日年休をもらい、社宅に引き返す。入浴すると気分も落ち着き、午後から出社可能となった。
さてこの腹痛。気温が下がると毎年襲われる悪夢である。このことについてはまた別途詳しく書きたいと思う。

今日の通勤
6時6分辻堂着席

taka7107 at 00:35│Comments(0)TrackBack(0) 世の中の出来事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい