2005年04月26日

透明化された運転席

子どもの頃の夢であった電車の運転手になること。単純に電車が好きで、毎日乗っていられるからという理由だった。電車に乗ればかならず先頭の窓に張り付き運転手の操作をじっくりみたりすれ違う列車を眺めたりと1番の特等席。いつかは2枚越しの窓ガラスではなく、1枚越しであの運転席に座ってみたいと思っていた。高校、大学と行くに連れて鉄道に関する見方が変わってくる。電車の運転ではなく車両そのものを設計、製造する会社、当時では川崎重工や日本車両、アルナ工機などの会社へのあこがれが。。。果ては鉄道総合研究所まで就職説明会にいったこともある。それがなぜかいまや鉄道とは何の関係もないIT関連。でも今でも単純に通勤電車のユーザというだけでなく、子どもの頃と同じ思いでただ単純に鉄道が好きである。


昨日JR史上、最悪の惨事となったJR宝塚線(福知山線)。実家が、阪急電車の宝塚線の川西能勢口(JR宝塚線は川西池田が最寄)から奥に入った豊能郡のため何度か使った事はある。子どもの頃大阪市内に出かけたとき、いつもは阪急電車で帰るのだが,鉄道好きの僕を気遣ってか当時まだDD51というディーゼル機関車が牽引する客車列車が走っていた福知山線に乗り、大阪駅から川西池田までのほんの30分程度の旅気分を味あわせてもらったことが記憶に残っている。その後、JRとなり阪急宝塚線とのスピード競争に勝つために新型車両を投入。今回の207系も90年から導入されたもの。ステンレス製のピカピカした車体は古い客車や103系という通勤電車とは違い斬新なイメージを与える。ディーゼルカーが走っていたのどかな路線は一変。アーバンネットワークと銘うつスピード化戦略の一環にとりこまれた。東西線が開通して片町線(学研都市線)との相互接続など運転形態が複雑になり、数分の遅れが他の路線に与える影響が大きく、それも運転手にプレッシャーになっていたのではないかと言われている。
それもあるだろうが、もっと心理的にあるものとして透明化(情報強化)された運転席にあると思う。電車でGOという運転手を擬似体験できるゲームが流行し、今回の伊丹駅のオーバーランなどがあろうものなら「ゲームだったら減点だぁ」と乗客に笑われる。(実際に笑われなくても笑われてるんじゃないかという被害妄想に襲われる)昔はこんなゲームもなく、運転手は特殊な技能。車を運転するのとは訳が違う。やっぱり大変なんだなぁ、たまにはオーバーランもあるだろうと思われていたのが、運転の仕組みをゲーム感覚で考えると、ハンドルもない電車なんてレールの上を走るだけで簡単じゃないかと思われてしまう。
また、一方で乗客の携帯電話。たとえ会社側がことこまかな運転ミスを把握していないとしても、乗客が運転手の名前(運転席に掲示されていたり、どこ駅何分発の列車の運転手というだけで特定できる)を見て鉄道会社に苦情の携帯メールなどを送られたら即発覚である。常にどこかで監視されている運転手はそういう空間に閉じ込められた職業。乗客の命を預かるのだから当然といえば当然であるが、そのプレッシャーは相当のものだろう。
今回の運転手がどうこうという証拠はまだないが、1年満たない運転経験と3度ほどの訓告処分を受けていたという前歴が引っかかる。スピードオーバー以外にも車両の問題、システムの問題、はたまた置き石なども取り上げられておりこれらについてはまた次回に。
いずれにせよ、高度に情報化された社会の中で運転手は監視できても暴走した電車をとめるすべの無い情報化はあまり意味がない。
本事故で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

●今日の通勤
27分 乗りかえ後、大船着席 駅売店で朝日新聞を購入。本紙の事故の見解を考察。



taka7107 at 08:22│Comments(0)TrackBack(0)世の中の出来事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい