2005年05月21日

平服って????

平服=スーツなんてもう古い!ここ数日まだ咳が出たり、むせ返ったりする毎日。そう、私は超花粉症。ヒノキにもバリバリ反応しております。なので恒例のよしむら耳鼻咽喉科といきたいところなのですが今日は会社の同期のT野氏の結婚式の2次会。残念ながらちょっと苦しいまま来週まで病院はお預け。なんとも薬がなくなったのがツライっす。(>_<)
というわけで平日よりかは少し遅めではあるが起床して会場に向かう準備を。
そこで悩むのが着ていく服なのだ。実はその話題で数日前に盛り上がっていた。
当のT野氏から来た招待メールに書かれていたのが「平服でお越しください」の一文。まぁ、当然一般常識からすれば平服というのは礼服でなくスーツ程度でというのが正しい解釈のようだ。

そういわれればそうなのであるが、最初、僕自身も長らく2次会なるものに出ていなかったので平服=普段着よりは多少お洒落な感じで(要はカジュアルで)という風にとらえていた。うーん、とすると着ていくものがないよなぁ。。。と悩んでyukiに相談。「えっ、平服ってスーツのことでしょ」とあっさり一言。そういわれりゃそうだ。普段着ているスーツでいいやと納得して僕の中では一件落着であった。
ところがである、T野氏を除く出席者間でのメールのやり取りの中で「平服ってあるけど何着ていけばいいの?」とのやりとりがあった。「まぁ、うちみたいなIT系の会社にありがちなスーツでなくしかもカジュアルでもなく本当に普段着(ジーパンにTシャツ)なんかで来るやつもいるかもなぁ。。。」と思った僕は、それはそれでおもろいかもという邪悪な心は捨て去り、ボランティア精神でまずは宣言を。「普段会社に来て言ってるスーツで行くけど」と先制パンチ。たいてい、後に続けでみんなそういう流れになるもの。ところがどっこい、司会をするというG氏が「おれはカジュアルで」というのでそれに同調した数人が「おれもカジュアル」と流れはカジュアルに。一応、上のような内容も説明を踏まえて「みんながカジュアルと言うのなら俺も」と折れてみた。ところがその後、「スーツしかないのでスーツにする」という人も1人。結局2つに分かれた形に。ただ、小心者の僕は人数の多い、カジュアルと心に決めた。
で、このメールのやり取りをG氏がまるで「電車男」に出てくるワンシーンのようだと書いていたのに対し、電車男はあまりよく知らないので鬼嫁だったらこんな展開だったろうなと仮想で書いてみた。

オレ:今度結婚式の2次会があるのだが。
嫁: ふーん。
オレ:平服でお越しくださいとあるのだが、スーツなんてないよなぁ、新しいの買うか。
嫁: 何ふざけたこと言ってるのよ。スーツ買う余裕なんてあるわけないじゃないの。脳みそ腐ってるんじゃないの。平服って書いてあるんだから普段着でいいのよ。Tシャツにジーンズ、あんたにはそれがお似合いよ。
オレ:Tシャツかよ。_l ̄lO

ってな話になるのだろうと。
その後そのメールに返信はなかったが、一部の間では結構うけていたよう。
(やっぱ鬼嫁読んでる人もいるんだねぇと実感したひと時だった)

さて、そんなこんなで会の当日。
会場は田町駅前のB1にあるワインレストラン(Le Vin Vivantというところ)。
4番目ぐらいに着いた僕は、みんながどんな服装を着てくるのかちょっと楽しみに。今日の出席者は同期のメンバが多く、11人。そしてT野氏の学生時代の友人も5人ほど招待されているようだ。うちらはやはりメールで事前に話しあっているのでだいたいカジュアルが多い、とはいえスーツも3人ほど。一方、T野氏の学生時代の友人の方々はたいていスーツ。うちの同期でもあり、学生時代の友人でもあるM本君はカジュアルで来て、友人テーブルの中では少し浮いていた。冗談でこっちの同期テーブルに座ってるスーツの1人と席代わるかい?なんて話も。そしていよいよ二次会が始まった、そしてしばらく経った時、学生時代テーブルの空き席に遅れてやって来た一人が。。。。。

そう、彼はなんとまさかのTシャツにジーンズ。
同期のテーブルではそれが事前に話題になっていたためあまりの的中に大爆笑。
気づかれないように笑いをこらえるのがつらかった。と同時にひょっとして彼の嫁は鬼嫁じゃなかろうか?と思うと同情の涙が。。。ご愁傷様です。m(_ _)m

そうそう、忘れてはいけない、末永くお幸せに>T野氏

●今日の一枚
ケーキカットに白いTシャツが映えますなぁ。。。くぅ〜いいとこもってくねぇ。

taka7107 at 22:04│Comments(2)TrackBack(0) 休日の過ごし方 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TETSU75   2005年05月22日 18:40
2次会などのパーティの服装は迷いますよね。
一緒に行く人と相談するのが一般的対処ですが、
知っている人が少なくて困る場合もあります。

M本さんや最後にやってきた彼が今回は笑い者ですが、
スーツが裏目に出る場合もありますよね。
「オマエ、何張り切ってんだよ。」って言われる恐れがありますよね。

最近出した僕の結論。
ジーパン+ちゃんとしたシャツ+ジャケットで行けば、
現地で調整できていいかなと思っています。
2. Posted by TAKA   2005年05月22日 23:05
TETSU75さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

会社仲間はすぐに相談できるのでいいんですけどね。
M本君の座った大学時代の友人テーブルのメンバーはまったく事前にそのような話はなかったようで、結局、平服=スーツ、カジュアル、普段着とさまざまな受け取り方が。。。

じつは、このエピソード自体、新郎が挨拶の冒頭で、「このたびは平服という微妙な書き方が皆さんに多大な気遣いを与えてしまったようで」という謝罪(というかネタになってましたが)まであったんですよね。(^_^;)

TETSU75さんの結論はなかなか使えそうですね。今度事前相談ができないときは使わせてもらいます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい