2005年08月30日

TAKA少年の夏休み(徳島で遊ぶ:後編)5

夏が過ぎ風あざみ 誰の憧れにさまよう♪
昨晩は週の始まり月曜日にもかかわらず飲み会が。昔ともに仕事をしていた上司である部長が退職して別会社(というか別団体)に行くとのことで送別会であった。メンバーはM部長、Hさん、Oさんの合計4名。フルメンバーにはあと3名足らない少し寂しい飲み会となった。話しの内容はゴルフ好きのM部長ということでもっぱらゴルフ談義。なんのことやらチンプンカンプンな私は、ひたすら飲み食い。ふぅ、腹一杯。食った食った。まぁ新転地でもがんばってくださいな、部長。

さて、徳島で遊ぶの後編。

帰りの汽車が江口駅に着くともう夕刻ではあるが、夏なので日は長くまだまだ明るい。家に戻って夕食の時間。家では食べれない田舎料理が珍しい。よしの川で捕れる鮎なんかも頂いたことがある。そして薄暗くなってきた頃、例の床机(しょうぎ)を庭に出して皆で夕涼み。押し入れにある段ボール箱一杯の花火の中から好きなものを選ぶ。じぃちゃん、ばぁちゃんは孫のためにたんまりと花火を買い置きしておいてくれるのだ。しかけ花火で、クルクル回転したあとに五重塔ができあがったりする花火が終わった後でも眺めて楽しめるものが大好きだった。
花火が終わるとまた床机の上に寝ころがったりして遊ぶ。空には都会ではまず見られない満天の星が。当時は星座などにも感心があり、本も読んだりしていたのでその形を見つけるのが楽しかった。夏の大三角(ベガ、アルタイル、デネブだっけ?)なんてのはすぐに見つけられた。そして、じぃちゃん、ばぁちゃんと話しをしたり、同じく帰省している叔父さんや叔母さん、従兄弟などと話しをしたりして楽しい夜は更けていくのである。
阿波池田以外では山登りでお墓参りに行ったり、叔父さんの車で近くにできたスパに連れていってもらったり、大歩危、小歩危や琴平まで足を延ばしたりしたこともあった。
とにかく楽しさいっぱいの徳島での思い出。夏休みの中でも一番楽しい時間だった。普段、こういったゴミゴミとした都会に暮らしているとやはりあぁいう日本ののどかな田舎風景というのはとてもあこがれる。ふと懐かしく思える貴重な夏の一頁。hinaにもたくさんの楽しい思い出を残してあげたいとふと思う今日この頃である。

●今日の通勤
27分 辻堂着席 意外にも座れた、ラッキー。(^^)v Rioが戻ってきたので「ありがとう」と「イス研」のダブルが手間無く楽しめるのがうれしい。前のは返却の際にUSBが認識せずにデータをバックアップできなかったが、今回はこまめにRealSyncでPCと同期。起こっては困るが同じようになっても今度は大丈夫。

●今日のキーワードに関する品<夏の星座>
夏の星座博物館―星座につよくなる本


taka7107 at 08:30│Comments(0)TrackBack(0) 思い出 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい