2005年10月22日

無事終了3

朝8時5分、光風台発の妙見急行で、阪大病院に向かう。10時からの手術予定のため、十分間に合う。着くと、親父は腸内洗浄剤を6時の起床から時間をかけて2リットル飲み干して既に準備完了。いつ手術に呼ばれてもよい状態だった。
金曜日は恒例の教授による回診があるそうで、まさに白い巨塔の現場が見れるのかと想像したが、思ったほどすごい大名行列というわけでも無かった。(^_^;
点滴を打ちに来た看護士さんの話しでは手術は昼頃に延びそうだとのこと。肩すかしを食らって、とりあえずはお袋と食事でも早めに行こうという話しをしていた矢先に、「お呼びがかかりました」との突然の知らせ。あわただしく外来の内視鏡室に向かう。その前に手術の担当医からの説明をうけ、同意書にサイン。
11時15分、親父は内視鏡室へと入っていった。はやければ30分から40分で終わると聞いていたこの手術。1時間経っても終わる気配なし。看護士さんが、「あともうすこしかかりそう」とか「あともう少しでおわりますよ」とか様子を伺って報告してくれるも既に2時間を経過。さすがに待たされるほうもちょっと心配になる。う〜ん、去年の14時間手術を待たされた悪夢がよぎったが、まぁ、さすがにそれはないだろうと自分に言い聞かせる。そしてそれから30分後。親父はぴんぴんした調子で外に出てきて一目さんにトイレに掛けこむ。2時間半もずっとベットの上で点滴打たれながらなのでつらかったのだろう。トイレからもどり、担当医から説明を聞く。とりあえず、一番問題となっている横行結腸の1.4cmのポリープは除去できたとのこと。ただ、場所が場所だけに取るのに非常に苦労して、かなりの回数トライしてやっと取れたとのことでこれだけ時間を要したそうだ。あとは流血がないことを確認して、問題がなければ日曜日に退院できる段取りとなった。
内視鏡手術は麻酔もないので2時間半、ベットであっち向いたりこっち向いたりと痛くは無いが不自由な姿勢でそうとう疲れたようだ。まぁ、無事に終わってなにより、ゆっくりと休んでちょうだい。




taka7107 at 09:16│Comments(0)TrackBack(0) 父の病気 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい