2005年11月30日

第3の電子マネー

いまどきPCの前で固まってる人っているのかな?
鼻水が垂れて垂れてしょうがない。hinaにうつされたのか、どこかからもらってきたのか分からないがこの性質の悪い風邪。hinaの気持ちが良く分かる。hinaも相変わらずお鼻垂れが治らないようだ。かわいそうに。。。
さて、電子マネーの話し。

コンビニはセブンが一番お気に入りだが、決済が現金でしかできないことがわずらわしかった。当然、現金で支払いが発生するととろい人がボトルネックになって行列を作るし、なによりサイフをいちいち取り出すのが面倒。セブンにも早くEdyかSuicaが導入されればと切に願っていた。そのずーっと気になっていたセブンの電子マネーへの参入について昨日、報道発表がされた。EdyともSuicaとも違う、第3の路線を歩むようだ。JCBと共同でシステム等を開発して2007年の春に発行ということだから、まだ1年以上も先の話か。確かにファミリーマート、ローソンがSuicaに対応、am/pmやスリーエフがEdyと分裂するなか、業界トップのセブンイレブンが手を打たないわけが無い。ただ、おそらくいずれを採用するにしても手数料をとられてしまうような実入りの少ないものなら乗っかるよりも自分で開発してしまえという発想なのかもしれない。ただ、いちから作るとなると時間もかかるし、ユーザにとっては3つの電子マネーをそれぞれに持たなければいけないという不便を強いることになる。サービス開始前に2大勢力がすべてを飲み込んでいたということがないだろうかとも考えてしまう。セブン&アイHDにとってセブンは若年から高齢者まで幅広く、イトーヨカドーは主婦層と住み分けがあるのでまずは前者から導入するが、後者の導入を進めるための仕組みづくりが必要だったのだろう。とりわけIT化に疎い主婦層に導入するにはポイントという名の値引きシステムで釣るしかない。
SuicaやEdyのような共同のプラットフォームではセブンだけの独自のポイントの管理自体が難しくなるのでこういった仕組みも致し方ないのか。
いずれにせよ2大勢力で利用するにしてもカードが2枚では使い分けが不便。となるとおサイフケータイで3システムがソフトウェアとして同居するパターンが一番理想か。
あとはイトヨに早く導入され、あらゆる人(とりわけクレジットカード嫌いのためにアイワイカードを使わない人)がこの電子マネーを利用し、死ぬほど待たされるレジの行列が少しでも解消されることを切に願うのみだ。

●今日の通勤
27分 藤沢着席・・・日経コミュニケーション読破

●今日の一枚
品川駅広告:リクルートスタッフィング編その7

●今日のキーワードに関する品<セブンイレブン>
セブン‐イレブンの「16歳からの経営学」―鈴木敏文が教える「ほんとう」の仕事


taka7107 at 08:32│Comments(0)TrackBack(0) 新しいもの 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい