2006年01月23日

Picasa2サイコー!

今年の切手シートだよん雪がすべて溶けずにまだあちこちに残る朝。朝の冷え込みでカチカチに固まっていた。歩道に雪がない分、歩きにくさはなくなっている。今冬は12月が異常なほど寒かったのでとても長く感じる冬ではあるが、例年はセンター試験の頃などよく雪が降ったり、また一番寒い時期だったりと年間でもっとも冷え込むような時期、寒さもこんなものかとも思えるが、とはいえやはりこの寒さにはなかなか馴染めない。今年の花粉の散布量は去年の2割程度とのこと。花粉で大変な思いをするのは嫌ではあるが、寒さにも耐えがたくなってきたし、花粉の量も少ないとのことでとにかく早く春が来て欲しい。
さて、今日はデジカメ写真管理の話。

昨年のブログで紹介したPicmvでデジカメやメモリーカードから吸い上げた撮影日時のファイル名に統一されたデジカメデータ。Windowsの標準機能である縮小版という機能でフォルダ内にあるデジカメ写真の一覧を見て、詳細はIrfanViewというビューアを使って画面最大で表示する。今まではこれで問題なかったのだが、画像データの量が増えてくるとこの一覧表示の縮小版の動作の遅さにイライラを感じるようになってきた。フォルダ内にサムネイル画像という次回表示する時のためのデータベースとして初回に作成するのに時間を要することが原因のようだが。そこでこのWindowsの機能ではなくGoogleが提供するPicasa2というフリーの画像管理ソフトを使ってみることに。初回起動時にはHDD内のすべての画像ファイルを検索して登録していくが、登録するフォルダはマイピクチャのみとかも指定できる。そして何より初めてのフォルダであっても一覧表示が一瞬で完了するのが驚きだ。こりゃすごい。しかも、写真の縦横を自動的に判別して、縦の写真でファイル上は横向きに記録されているようなものは自動的に(たまに縦でも無視したり、向きを間違える時はあるようだが)縦に変換して表示してくれる。(もちろん、Picasaが表示上変えるだけでファイルをいじる訳ではなく、元データは変わっていない)写真がすごくみやすいのだ。
そして今回一番重宝した機能。ギフトCD機能。これは友人にデジカメの写真をあげたい様なときに単にCDに焼くだけでは見る側のビューアまかせになるのでちょっと不親切。それがギフトCDを作る際にPicasaの簡易機能が組み込まれて自動起動するCDとして作成可能なのだ。受け取った側はCDを入れるだけでPicasaの簡易機能が表示され、ファイルに保存ボタンを押せばCDからHDDに簡単にコピーできるし、スライドショーボタンを押せば、CDに入っている写真をスライドショー表示してくれる。このスライドショーも先ほどの縦横変換が自動なので縦の写真に首をかしげながら見る必要もなし。junn君の結婚式の写真を渡すのに初めて使ってみたのだがこれはいいものを発見した気分だ。

●今日の通勤
27分 辻堂グ着席

●今日の一枚
当選した切手シート

■今日の天気【- 1月23日(月)15時 - 辻堂】
天気:曇り 気温:0℃


taka7107 at 07:54│Comments(0)TrackBack(0) 便利なもの | コンピュータ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい