2006年02月26日

PiTaPaはどれがいい?

はやくPiTaPaを使ってみたい。。。
昨晩からの暴風で雨戸がガタガタ。あまりにすごくてなかなか眠れなかった。朝はさほど寒くもなく過ごしやすいが大雨状態。これから雨の中東京まで帰り、そこから先も雨の様子なのでちとうんざりする。
さて、今日はPiTaPaの話。

関西に在住ではない私は特に関係ないかなぁとも思っていたが、能勢電、阪急以外に、親父の病院の時に使う大阪モノレール、ミナミ方面へのアクセスでの地下鉄、そしてICOCAとの相互乗り入れによるJRも使えるということなのでちょっと申し込んでみようと思っている。本当はモバイルSuicaがICOCAとは相互乗り入れ、PiTaPaもICOCAエリアに乗り入れという流れを考えるとモバイルSuicaはクレジットカードと紐付けのため比較的PiTaPaへの乗り入れは容易だと考えられ、しばらく待てば2つもカード(1つは携帯であるが)を持たなくても実現されるとは思うのだが、如何せん新しい物好きなのと面倒くさがり(毎回残額切れでパストラルカードやラガールカードを買い足すのが面倒)の私としてはそんなの待っていられない。SuicaとICOCAの相互乗り入れも将来的にはと言われていたが、待ちきれずにICOCAのカードも購入して遊んでいた。結局ICOCAはデポジット代の500円があるので使い切って返却。今ではレガシーSuicaカードとモバイルSuicaの2枚でICOCAエリアもらくらく通過である。
では、早速PiTaPaを申し込むかと何も考えないで申し込むと能勢電エリアだと阪急のHANA Plusカードがパンフとかも置いてあるし、第一候補になる。のりのりポイントというキャンペーン制度もあって、阪急電車と阪急タクシーを同じ日に乗り継ぐとポイントが3倍になるというキャンペーンがあったりといかにも食指を動かされそうなエサがある。う〜ん、このまんまパクっと食いついてよいものだろうか?でもよく読むとこのポイント有効期限が1年で端数は切り捨て、しかも商品券などに引き換えて利用するというもの。期限の管理はしなければいけないし、何かと面倒そうだ。そこでちょっと調べてみるとこんな親切丁寧なサイトがあった。
ここで書かれていることを要約するとPiTaPa共通のショップdeポイントはたいした魅力でない。無視してよい程度、当てにしないほうがよい、独自のクレジットポイントは管理が面倒(HANA Plusカードみたいに)な人には自動的にPiTaPa共通のショップdeポイントへ毎月自動的に移行し、PiTaPa支払いでたまったショップdeポイントと合計して、ポイント相当分の金額を交通料金から割り引くという「楽楽キャッシュバック」のあるOSAKA PiTaPa(大阪市営地下鉄のカード)がおすすめとある。
とはいえ、とにかくポイントはあまり当てにせず割引率で考えると良いという結論になりポイントよりずっとお得な提示割引を重視しましょうとのこと。だとするとこれもCCC店舗で提示すれば最大20%値引のOSAKA PiTaPaあとは大阪城、海遊館など割引観光スポット約30ヵ所で提示割引があるようだ。
というわけで早速申し込み用紙を取り寄せてみました。次回の帰省時には利用できるかな。

ブログランキングクリックしてね



■今日の天気【- 2月26日(日)15時 - 豊能町】
天気:弱雨 気温:14℃



taka7107 at 09:48│Comments(0)TrackBack(0) 新しいもの | お得なもの

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい