2006年10月20日

衝撃のディープ薬物発覚!

ディープインパクト―無敗の三冠馬の真実


昨日の夕刻、仕事の合間にケータイでR25式モバイルを見てびっくり。ディープインパクトの凱旋門賞後に薬物検出という衝撃の事実が報じられた。そのとき、正直思ったのはフランス競馬関係者には失礼な話だが、「しくまれたのか?」という思いだった。カイバか注射か良くわからないが、とにかく伏線をうっておいて仮にディープが1着になったところで剥奪しようという組織ぐるみでの犯罪と予想した。結局は3着になったのだが、斤量の差など言われるし、ハリケーンランやシロッコには先着しているというような事実からも3着ですら剥奪したかったのだろうと。
一夜明けて、状況が徐々に見えてきた。どうやらディープには持病のぜんそくがあるようだ。気管支拡張剤であるイプラトロピウムを吸入した可能性が強い。こまかな経緯は不明だが、おそらくレース直前の出来事。もちろん、日本では問題のない行為だったので当然フランスでも大丈夫なはずというチェック体制の甘さが浮き彫りだ。これだけの持病がある馬ならなぜにもっと万全の体制を築いておかないのかという管理面での不備が無念でならない。直前にぜんそくになればレースを回避するというのもあったのだろう、でも今までの重要なレースで回避した経緯のないディープは吸入で乗り越えていたのか。であればこういった情報をもっと公表しておけば、その吸入はフランスでも大丈夫なのか?という周りからのチェックがきちんと入っただろう。持病をひた隠しにしてきた関係者の責任は重大だ。

今後のディープだが、当然、凱旋門賞の失格は不可避。国内のレースへの参加は問題なしと早々にJRAは発表しているが、不名誉な汚点を背負った状態では最悪はのまま引退という可能性も報じられている。願わくば、残りの3レースには全線参戦。最低でもJCでの外国馬へのリベンジは果たしてほしい。来年の凱旋門賞にリベンジというのは多くのファンが望むことであろうが、汚点を残した同馬に参戦の機会は与えられないだろう。
本当に、残念でならない、この衝撃の事実。しばらく原因究明までの経緯は見守りたいが、どうせ3着なら失格でもいいやと軽く流せる問題ではない。日本の競馬ファンを馬鹿にした競馬関係者の行為を見逃すわけにはいかないだろう。

●今日の通勤
02分 辻堂着席

■今日の天気【- 10月20日(金)15時 - 辻堂】
天気:晴れ 気温:25℃



taka7107 at 07:57│Comments(0)TrackBack(0) 世の中の出来事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい