2006年11月22日

【ある夏の出来事】第2回家族会議

なんとも食指のそそられるグッズではあ〜りませんか


#注意 ブログの内容を読まれてご心配されないよう、この話しの結論はここにあります。またこの一連のお話を通して読みたいかたはここをクリック

風邪が完治せず、結局、金曜日を年休にして帰省するという案は断念。年末までのお預けになってしまった。仕事が忙しいので風邪が治らない、休みもとれず、最悪今週末は土日出勤になりかねないと風邪を治す要素が見当たらない。まったく困ったもんだ。
さて、8月の話しの続き。悪性リンパ腫や縦隔腫瘍について勉強に励む日々。次回の問診は8/28、この日に早ければCTガイド下リンパ節針生検の結果が出る。当然、結果が出てなんらかの癌であるならステージ(進行度合い)と生命への危険度、処置をしなかった場合の余命、処置をした場合の回復度合い等が説明されることになる。前回の家族会議では本人にこれらを知らせるべきなのかどうなのかという結論が出ていない。このままでは今度どうyuちゃんと接すればよいのか戸惑いが出てしまう。そこでyuちゃんのダンナがこちらにやってくる日程を見計らって第2回の家族会議を実施した。僕は、yuちゃんがどれくらいまで知るのかというレベルを4段階ぐらいに分けて、そのメリット・デメリットというものを表にした形で説明し、現状ある状況がこの段階で、セカンドオピニオン等するのであればさらに僕たちも情報を収集するし、yuちゃんにも相当の真実を伝えなければいけないだろうという段階のものがよいのではと主張した。ただ、それが本当によいのかどうかは分からなかった。仮に肺がんで余命数ヶ月と宣告されてしまったら果たして本当に精神崩壊せずに居られるものだろうか?でも今の主治医にまかせっきりになるよりは積極的にいろいろと動いて、納得のいく形での治療ができるほうがyuちゃんにとっては一番よいのではないだろうか、と考えるとこう主張せざるを得ない。参加したのはyuちゃんのダンナとじぃじ、ばぁば、yukiとjyunちゃんであるが、唯一真実を伝えたくないと反発していたダンナが今日はあっけなく納得した。福島のほうであれからいろいろと考えたらしい。皆の思いは僕の主張とほぼ同じだったようで、とりあえず家族は一致団結ということで収束。あとは結果を聞いてとにかく治療に専念するのみだ。

●今日の通勤
02分 大船着席

■今日の天気【- 11月22日(水)15時 - 辻堂】
天気:晴れ 気温:17℃


taka7107 at 08:04│Comments(0)TrackBack(0) yuちゃんの病気 | 健康

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい