2006年12月28日

今年の振り返り(病気編)

ぬあんとエキストが閉店?
ふぅ、やっと今年一年の仕事収めができました。いやいや、そんな長いわけではない年末年始休暇ですが、ちょいと羽を伸ばしますか。何をするわけでもなく、まっ、大阪の実家に帰省するので孫の顔見せで親孝行できればと。

さて、今年の振り返り。今日は病気編。僕自身に限ったことでなく、家族、親類を含めての話なのだが、なんと言っても驚いたのは「ある夏の出来事」でシリーズ化しているとおり、yuちゃんの悪性リンパ腫。当初は、肺癌とも言われ、この若さでどうなってしまうのだろうと途方にくれたのだが、結局2ヶ月間の検査期間を経て、悪性リンパ腫のホジキン病であることが判明。確立した抗癌剤治療があるため、今真っ最中で闘病生活を送っている。さすがに抗癌剤の治療当日から5日間ぐらいは吐き気があったりと大変つらいようではあるが、それを過ぎればほぼ、一般の人と同じ生活で、見た目、大病を患っているとは想像しがたい様子。完治の見込みのある病気であるが故にあと半分以上は治療回数は残っているがあせることなくしっかりと治療してほしいと願わざるを得ない。




あとはhinaのことで、9月に溶連菌感染症という、高熱が出て、その後湿疹が出る一昔前なら死者も出たぐらいの深刻な病気を患った。とはいえ、今は抗生物質さえちゃんと呑み続ければ完治ができるので薬に頼って完治したのだが、かかった当時は本当に驚きもの。突発性発熱だと勘違いして病院に行かなかったのがあだとなってhinaを数日間無意味に苦しまさせてしまったことは大いに反省すべき点であった。

あと同じくhinaの話しで、断乳をした際にストレスが原因なのか「どもり」が現れた。ブログには書かなかったことなので初めて知られる方もいるかもしれないが、これもかなり悩んだこと。2〜3ぐらい、ず〜っとどもり続けたのだ。「ひっ、ひっ、ひっ、ひっ、ひっ、ひっ、ひっ、ひっ、hinaは。。。。」とhinaというだけで何秒要したことか。今となってはすっかりとれて笑い話ではいられるがさすがにそのときは真剣に言語指導などをしてもらうのがよいのではなかろうかとも考えたりもした。

そして僕自身はといえば、11月の頭に引いた風邪が、咳だけ残っていまだに完治せず。社内でも同様の病状の人が周囲にわんさか居て、決して自分だけがというあせりはないのだが、いい加減すっきりとしたいものだ。11月はさすがに熱っぽさもあったので連休での帰省も取りやめた次第。来年までは持ち越したくはないのだが、ここまでくれば明日すぐによくなるとの見通しもまずなく、こればっかりは気長に構えるしかないのだろう。

来年は、yuちゃんの病気が一日も早く完治して、皆が今までどおり健康で居られることを切に願う。


taka7107 at 08:11│Comments(0)TrackBack(0) 振り返り | 健康

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい