2007年02月24日

こんにちは、デジタル版R25、さよなら、月刊少年ジャンプ

白い戦士ヤマト (1)

木曜日の帰りがけにフリーペーパーのR25を取得するのが習慣であったのが、いつの間にか残業で疲れてそういうことを忘れてしまうことが多い。わざわざそのために徒歩の通勤ルートとは少しはなれて遠回りするのも面倒だしと考えると、というかそう考えるのも忘れていることが多いのだが。。。
まっ、木曜日の夜にゲットできなくてもたいてい、金曜日の朝に少し足を伸ばしたコンビニで取得できるのでそれほど問題視はしていなかったが、最近、金曜日の朝になるともう在庫がないことが多くなってきた。一時話題になったフリーペーパーもいまは下火と思っていたのだが、意外と人気が出てきたか、はたまた下火になったので配布の量自体が減ったのか良く分からないがとにかく手にはいらないことがしばしば。
そんな、がっかり現象にもおさらばできるようだ。「R25」のデジタル版がそれ。
http://www.fujisan.co.jp/R25
PCに配信される、いわゆる流行のデジタル雑誌だ。購読料はいまのところ0円。さっそく申し込んでみた。
一方、こういったフリーペーパーのあおりをうけてか消え行くものも。月刊少年ジャンプが休刊に。





小、中、高時代、週間少年ジャンプで「高橋よしひろ」の犬漫画、「銀牙」にはまって、それの影響をうけ同作者の「白い戦士ヤマト」という闘犬漫画が連載されていたのが月刊少年ジャンプ。雑誌はもちろんのこと単行本もすべて買って今でも実家にあり、帰省したときには懐かしさについ手にとって時間を忘れてしまうことがある。闘犬という超マイナーなテーマに視点を置いた珍しい漫画ではあったが、ストーリー的にもとても面白く、のめりこんで闘犬みたさに高知まで訪れたこともあった。そんな大好きな漫画が連載されていた雑誌が休刊とは寂しい限りだ。最近は本誌をみかけることもなく、どんな漫画が連載されているかすら知らないが、ヤマトと同じく「わたるがぴゅん」という野球漫画もあって、これまた超おもしろい。今でも連載されてるのかなぁ。。。いやはやなんとも残念。
できればデジタル雑誌や、コミック・ガンボ(GAMBO)のようなフリーペーパーで生まれ変わってくれればいいなと切に期待するばかり。。。


taka7107 at 09:35│Comments(2)TrackBack(0) 新しいもの 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TETSU75   2007年02月25日 10:16
本当に残念ですね。

コミックボンボン、コロコロコミック等、僕ら(勝手に一体化してすみません)が少年時代に創刊された雑誌も苦戦しているようですね。
TAKAさんが書いている通り、R25、GAMBOのように、メディアの多様化に上手く乗らないと、昔ながらの雑誌は廃れていく運命にあるんでしょうね。

良質なコンテンツが生まれ続ける雑誌の発行環境は確保して欲しいですね。そのために読み手は、優れた作品を生み出す作家、関係者には相応のフィーを払う態度が必要だなと思います。
2. Posted by TAKA   2007年02月26日 08:09
TETSU75さん、こんにちは。
そうそう、ボンボンにコロコロも懐かしいですねぇ。
やはり少子化の影響もあるんでしょうね、あとはメディアが多様化したのとお金を払わなくてもフリーで手に入るものが増えてきたというネット文化の浸透の影響でしょうね。
お金を払ってでも読みたいものにはそれなりの価値があり、いつまでも守り続けたい品質はありますよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい