2007年03月24日

さくら夙川駅のなぞ

桜が咲けばこんな感じかな
お客さんのご要望により姫路の現地調査(2回目)。一昨日に中途半端になった打ち合わせを新幹線の中でやろうということになったが、いかんせん、新大阪−姫路間は30分しかなくちょうど、勢いづいたところで到着。あわてて飛び降り、タクシーに。バスに乗りたいところなのだが1時間に1本しかない超不便なダイヤで使い物にならない。15分ほど走って現地に到着したものの。特に見るものもなく、すぐに終了。近くの茶店に入ってさきほどの打ち合わせの続きを実施。これもさほど時間かからず終了。またタクシーで駅まで引き返した。こんなわけで早々と仕事を終えて、時間もできたので、ちょいと寄り道を。
東海道線(JR神戸線)に新しくできた駅、「さくら夙川」駅を見に行ってみることに。
新大阪から引き返し、新快速に乗車。尼崎の次は芦屋まで止まらず、ひと駅各停で戻らなければいけない。西宮を過ぎて次は「さくら夙川」なのだが、いつの間にやら芦屋に到着。あれ?なんで気がつかなかったのだろう?と不思議に思ってひと駅折り返してそのなぞが解けた。JR神戸線は複々線なのだが、各停の走る、真ん中2本の線の間にだけある超狭い島式ホーム。これでは気がつかないし、外側の新快速が走る線ではホームの横側も通過しないので音もしない。よくもまぁ、こんなところに駅を作ったもんだと感心する。さっそく降りてみることにするも、駅前は工事中で何もなし。駅裏は閑静な住宅地。本当になんでこんなところに駅を作ったのか?


ブログに貼る地図『お散歩マニア』



駅名表示
帰宅してネットで調べて分かったことは、鉄道の高架下を走る道路の拡幅工事のおかげ。これの付帯工事という位置づけで国から補助金がでるそうな。なるほどね。
福知山線の事故以来、スピードを競うのは問題になるので利便性を追求する方向性に変わっているらしい。新駅追加、優等列車の停車駅増設はその一環なのだろう。ちなみにこの「さくら夙川」開業に対抗して、阪急神戸線は夙川に特急が停車するようになったし、阪神も香露園に区間特急が停車するようになったらしい。
ちなみにこの「さくら夙川」、名前のとおり、夙川のさくらの名所の真横に位置し、さくらの季節には行楽客でにぎわうのだろうが、残念ながら昨日は1輪も咲いていなかった。大阪は26日が開花予想らしい。



桜はぜんぜん咲いてましぇん

taka7107 at 09:58│Comments(2)TrackBack(0) 新しいもの 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by momo太郎   2007年03月24日 23:27
そうそう、桜夙川駅の開業前に、何度も確かめようと見ていたけど、なかなかみつけれなかったよ。

開業直前にみつけれたけど、あの駅が満杯になったら必ず事故がおきるとおもう。
2. Posted by TAKA   2007年03月25日 08:56
うむ、確かに。快速はどっち走るんだろうなぁ。内側だったらまちがいなく凶器やね。

ちなみに我が家の最寄り駅の藤沢市の辻堂駅もあんな感じよ。

時速110km/hで快速アクティや特急踊り子が駆け抜けて行きますわ。怖い怖い。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
クリックしてね
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい