2007年04月04日

nanacoの全容が明らかに

新しいお金 電子マネー・ポイント・仮想通貨の大混戦が始まる

土日の陽気とうって変わって一気に花冷えの昨日、幕張に出張も、寒さで凍えそうだ。午前中の打ち合わせ後に品川に帰ってもお客さんに電話でつかまり、また社内のいろいろな担当につかまり、新しい課長に今の仕事の内容を説明したりとやっているといつのまにやら夜9時。へとへとに疲れて、湘南ライナーにかけ乗り、思い出したかのようにR25式モバイルで野球の結果を見る。おぉ、アニキのバースデーグランドスラムで快勝でないの。しかも今までの3勝すべてについてセーブポイントのついている藤川もすばらしい!この寒さに球場まで足をはこぶ元気はないが、今日もこの調子で楽勝といきたいものだ。

さて電子マネーの話し。いよいよ4/23にセブンイレブンの電子マネーnanacoの全容が明らかになった。おサイフケータイで利用するには10日から事前登録のようなものがあり、アプリケーションを無料でダウンロードして利用可能になる模様。カードタイプはSuicaと同様にカードの保障代であるデポジットのようなものが300円徴収されるようで、もちろん断然前者のモバイルタイプを利用する予定。これで近所のちょっとした買い物ですら現金がいらなくなると思うととてもありがたい。しかも1%程度の還元率のポイント制度あり。
ちなみにこれに対抗してイオンも新しい電子マネーの仕組みを導入するのだとか?(リリースのリンクが見つけられない。。。)各自でオリジナルの電子マネーもやはりマイレージポイントのようにユーザにとってはどこかで統一的に管理したいもの。イオンはSuicaやiDで提携していたはずなのに独自路線も切り開くと言うのはやはりSuica圏外にも進出していきたいという想いがあるのだろうか?

おなじく、3月から始まったPASMOの電子マネー。これはSuicaの電子マネーと相互乗り入れが可能。つまり、電車、バスの乗り降りがどちらのカードでもできるというだけでなく、駅の売店での買い物とかにも共通でSuicaもしくはPASMOの電子マネーチャージ分が利用できるというのだ。これだと、モバイルSuicaなどでクレカからのチャージ分で還元率1.5%というクレカの3倍ポイントが貯められるという最大限のメリットが発揮できるのでとてもありがたいことなのだ。
ところがどっこい、先行して相互乗り入れしている関西圏のICOCAとPiTapa、以下の文言どおり、相互利用はできないのが原状。
『ICOCA 電子マネー加盟店での「PiTaPa」のご利用、PiTaPa ショッピング加盟店での「ICOCA」のご利用はできません。』
う〜ん、できる限り早期に改善してもらいたいものですなぁ。
ちなみにモバイルSuicaとOSAKA Pitapaで二刀流で関東・関西の大抵の鉄道の乗車はカバーできる状態であるが、ICOCAを持ち合わせていないので(昔は持っていたがPitapaに変更した際に返上)やっぱりSmartICOCAでも持とうかと検討中。といっても利用するのは環状線の売店でもの買うぐらいか。。。。(^^ゞ

●今日の通勤
02分 藤沢着席



taka7107 at 08:00│Comments(0)TrackBack(0) 新しいもの | 便利なもの

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい