2007年05月09日

ICカード型乗車券の変わった使い方



トコトンやさしい非接触ICカードの本


またまた大阪に移動。東京も27℃との予想だったが、大阪も負けじと暑い、暑い。こんな日は甲子園球場で野球観戦しながらビールでも飲めばうまいのだろうが、なんともかんとも8連敗とは。。。どうなってしまったことやら。
さて、ICカード型乗車券の話し。関東ではSuicaとPASMO、関西ではICOCAとPiTaPaであるが、いずれも好評で加入者がうなぎのぼりに上昇しているのだとか。
簡単でかつ便利。なにより改札の通過の際のわずらわしさがないのがよい。先日もGWの移動の際に実感したのは改札の通過。関西のPiTaPaはクレジットと一体型で、これとモバイルSuicaがあればICOCAの電子マネー以外についての関西圏の鉄道の乗車についてはすべて解決される。なので手元にあるのは1枚のPiTaPaなのだが、家族3人(hinaの運賃は無料)で利用するには1枚では無理。そこで「スルっとKANSAI」のレインボーカード(大阪市営地下鉄)という磁気タイプのプリペイド型乗車券を買ったのだが、実際の使い方にちょいと工夫が。

hinaを抱いたyukiは基本的に両手が使えなかったりする。まっ、レインボーカードを入れる時と取る時だけは片手でhinaを抱くというのもあるがその前の券の取り出しとか、通過後の券の収納などは面倒。そこで、yukiの真後ろにつけてICカードでタッチ。実際に通過するのはhinaを抱いたyukiという技を使ってみた。そして自分はレインボーカードで通過。これであれば両手が使えない状態でも通過できる。要はICカードの利点として機械に触れる部分が1箇所で完結するということに起因する利点。券を受け取る必要がないのでゲートさえ開けば基本は身内であれば誰が通ろうがOK。交通弱者にも優しいICカード型乗車券、是非みなさんもご活用あれ。


taka7107 at 06:03│Comments(0)TrackBack(0) 便利なもの | TIPS(技あり!)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい