2007年05月12日

二区間定期(その2)



ビジネス冠婚葬祭マニュアル

最近になってともに仕事をしている後輩が本日、挙式。メンバーで祝電を打とうということになり先週、ホテルから発注。昨日式場に到着確認はしたのでおそらく大丈夫だろう。いやいやめでたいめでたい。ハネムーンも同じ、タヒチ・ボラボラということでとても親近感が。とにかく、おめでとう、末永くお幸せに。


さて、二区間定期の昨日の続き。辻堂−品川間で二区間定期で実際にどのような二区間を作ればいいのか?であるが、単純に分割ではなくT字型で本来の区間とは別の飛び出た区間が必要になる。じゃあ、この飛び出た区間をどこに作るかだ。実際に3分割であった区間というのは分割なしと比較して6ヶ月定期での差額が15,130円もあることからもう相当最適化された区間であると想定される。おそらく品川-横浜間などは京急や東急(実際には渋谷に行くので湘南新宿ラインとの競合だが)との競合があって相当安く設定されていると思われる。だとするとこの区間は残して考慮すればよく。横浜をTの字の交点に配置すればいい。そこから分岐する路線はというとただひとつ、そう根岸線だ。あとは辻堂と横浜経由の根岸線のどこまでが同じ金額で延長できるかがお得度を決める要素。できるだけ同じ金額を支払って最大区間で購入しておくのがよいというものだ。(#)ここでひとつ注意しなければいけないのは横浜経由の根岸線と書いたところ。実は辻堂から根岸線の駅には横浜経由もあるし、大船経由もある。横浜から近いところで駅前探検倶楽部等で検索を書ければ当然、横浜経由になるのだが、離れたところで「この方が安い」と思って喜んでいるとそれは大船経由であったりするので要注意だ。

で、実際の結果を述べると、横浜経由で最大同一金額で購入できる駅は石川町なのだ。
ということで、実際に購入する区間と金額は
・横浜−品川:39、310円
・石川町−(横浜)−辻堂:69,550円
合計:108,860円
となり、3分割定期との差額は6,050円高くなるのは仕方がないが、分割なしの定期と比べると9,080円安くなることが判明。
この結論はずっと前から知っていたのだが、かねてから購入するか悩んでいた。今回ついに購入を決めたその訳は。。。次回に。
#注:ちなみに横浜−品川間の品川側は大崎に延ばしても、田町に延ばしても、いずれも料金が上がるため、最大にお得な区間であると言える。


taka7107 at 23:12│Comments(0)TrackBack(0) 便利なもの | お得なもの

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい