2007年06月21日

ケータイお探しサービス

最新GPS活用術―ナビゲーションマイスターになる

昨日は姫路から弁天町まで移動。夕刻からの打合せに出席して、また来た道を戻る。違いは行きが新快速で、帰りが新幹線。で、姫路の作業場所の最寄り駅である播磨高岡は姫路からひと駅、姫新線というローカル線に乗って移動となるのだが、実は弁天町−姫路と弁天町−播磨高岡は同一料金。しかも姫新線はICOCAの対応がないため紙の切符を事前に購入しておかないとモバイルSuicaでは利用できない。(まぁ、新幹線に乗車する時点ですでにモバイルSuicaは利用できないのだが。。。)というわけで、帰りは播磨高岡まで乗車券を購入したのだが、結局新幹線との接続が悪く、姫路からはバスで移動した。
さて、ケータイの話し。yukiがケータイをトイレにポチャンしたと聞いて人の振り見て我が振り直せ。ケータイに関するリスクをあらためて考え直した。
まずは、電話帳データ。ドコモケータイdatalinkという無償提供のソフトウェアを利用して定期的にバックアップは取得してるのだが、外出してケータイを利用する頻度が多くなればなるほど電話帳の登録が頻繁になる。直近のバックアップからしばらく時間が経過しているので再度、バックアップを取得。

次に、ケータイを紛失した場合の対策。ドコモに連絡して利用停止にしてもらうのはもっとも安全だが、解除するのが手間なのと、実は自分のうっかりで置忘れということが多々あるだろう。(とはいえ、肌身離さずなので私の場合はまず無いと言えば無いのだが)
そこで、まず最初にPCとネットが利用できる環境があるのならMyDocomoのページからケータイお探しサービスを利用。
GPS対応のケータイであれば、このサービスが利用でき、GPSの位置情報をPC上に表示できるというもの。盗難にあった等で思わぬ場所で見つかれば即利用停止の手続きをすればいいし、今の場所から変わらなければもう少し探し回ればいいという判断もつくだろう。
6月末まで無料利用可能ということなので、どんなものかと使ってみました。
※ただし、メッセージRのパケット量は無料ではなく、7月から無料になるそうな。。。
MyDocomoでログインしてケータイお探しサービスのリンクをクリック。同意ボタン等を押下するとメッセージR(リクエスト)が端末に送信されて、端末側にGPSの位置情報を通知してよいかの確認等が伝わる。その後、自動的にGPS機能がケータイ側で起動して情報が送信されるというもの。時間にして2分〜3分程度はかかるのだが、★3つの精度だとかなり詳しい位置が分かって探す目処が立てられる。
重宝はしたくないが、もしもの時の為覚えておくとよいでしょう。
ただし、GPSが利用できる903iシリーズ以降です。


taka7107 at 16:08│Comments(0)TrackBack(0) 便利なもの 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい