2007年08月09日

スターフライヤー初搭乗

AIRLINE (エアライン) 2006年 06月号 [雑誌]


幕張−品川のオフィス−北九州の経路で移動する予定が、幕張の滞在時間が長すぎて直接北九州入り。
品川から京急で羽田空港へ。いつもの感覚で行くとANAなので第二ターミナルとなるのだが、スターフライヤーはANAの共同運航であっても第一ターミナル。実際に間違えちゃう人も居そうだよなぁ。。。と考えながらいるとCMではないがあっという間に羽田に着いていざ第一ターミナル。めったに使わない方なので「おぉ、そうだこんな感じの構造だった」と妙に懐かしさを感じる。
後発物かつ資本の少ない者は端に追いやられると相場が決まっているので案の定、スターフライヤーの搭乗カウンターは一番端。搭乗口もそれを示すとおり1である。ANAのチケット受取機が備え付けてあるのでそれを利用して発券。さすがにSKiPサービスは利用できないようだ。
保安検査場を潜り抜けて搭乗口1番を目指すが、これが結構歩く。ただいいこともあった。1番搭乗口近くにてフレッツスポットが利用可能。早めについた場合にはここでネットが利用できるというのがとてもありがたい。

搭乗時間となりやっと機内に。黒の革張りのシート。A320なので機内は狭いがイス等にはこだわりがあるようだ。各席にはモニタが設置されており、音楽チャネル、ビデオチャネル、現在地図などインタラクティブに選択できるタッチパネル式の液晶になっているので操作もすぐに理解できる。離陸後2分程度で利用可能になるようだ。
また、各シートに電源コネクタが用意されているのでPCは上空においては利用可能で、将来的にはネットも利用可能になるとのこと。これには期待したいが、無線LAN等の電波を発する方式は航空法で禁止されているのでLANケーブルになるのかしら?
フットレストもあるが荷物をおくと使えない。(-_-;)次回は上に上げることにしよう。
あとは機内サービス。翼の王国のような冊子はないが、CAが個別に配ってくれるものがある。経費削減なのだろうが、いかんせん冊子の内容がつまらなすぎる。これを印刷するだけもったいないと思ってしまった。
そしてドリンクサービスにおいてはスープをチョイス。これがミネストローネ系の小さな歯ごたえのある具入りスープ。ANA、JALのコンソメスープもうまいが、それ以上にこっちの方がうまいなぁと感じた。次回もスープにしよう。
シートは通常のものよりも広めにとってあると記載があったがそれほど広いという間隔はなかった。むしろ機体が小さい圧迫感の方が大きいかも。
というようないろいろなチェックをしているとさすがに初搭乗。あっという間に新北九州空港に到着。
さぁ、この空港も初利用。楽しみですな。



taka7107 at 19:48│Comments(0)TrackBack(0) 新しいもの 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい