2008年03月11日

藤沢市総合防災訓練:炊き出し係の巻(その2)

地震の時の料理ワザ―グラッと来てもあわてない!防災袋に必携!!電気が復旧するまでの1週間


土曜日のダイヤ改正でなくなる寝台急行「銀河」の最後の雄姿を納めようと辻堂駅のプラットフォームに朝もはよからでっかいレンズ付カメラで待ち構える鉄っちゃんが。僕も社会人になってからだが、大阪の実家に帰省した帰りに乗車したことがある銀河。消え行くのは寂しいですが、まぁ、これも時の流れ、東京−大阪間なので平日のほとんどの利用がビジネス客。新幹線の発達で、列車で泊までして無理な移動も必要なくなったということでしょうな。
さて、昨日の続き。とにかく新聞紙を丸めて、丸めて、燃料をいっぱい作ることに専念。ただ、どう考えても新聞が足りない。一人がどこかから調達してきてくれてとにかく途中で火が途絶えてしまう心配はなさそうなぐらいは確保でした。
さっそく点火。そして米を入れた鍋をレンガで組んだかまどの上に乗せる。火は一気に燃えるのだがじゃんじゃん新聞紙をくべないと続かないし、燃えカスがいっぱいたまってかまどがとても窮屈。そいういう意味で薪は、カスがあまりでないし、持続性あるしという点がすぐれているのだろう。災害時にかならずしも薪があるとは限らないので訓練では新聞紙限定らしい。
火は順調に燃えているのだが、どうも鍋の底に対して偏りがある。これでは片側だけ煮えて片側に芯が残りそう。。。ある程度時間がたったら180度、鍋を回すことにした。(^^ゞ
そんなこんなで20分ほど、そぉ〜っと蓋を開けてみると、こりゃまた、うまそうにできてるでないの。ちょいとつまみぐいっと。おぉ、うまいでないの。まぁ、ちと朝飯が少なく腹が減っていたせいもあるのだが、やはり自分で手をかけて作った感動がよりおいしくさせているのだろう。
炊き上がったものをおにぎりを作る場所にもっていって、全鍋とごちゃまぜにするようだ。さっそく持っていって鍋をひっくり返すのだが。。。
「ありゃりゃ、もうダメですね・・・」
あっ、ほんとだ、底がコゲコゲ状態。まぁ、9割ほどできたってことでご勘弁を。
でもこのコゲコゲがまた焼きおにぎりみたいでうまいんだよねぇ。。。
鍋を洗う前にめちゃめちゃほおばりました。鍋を洗おうとする人が「あっ、まだ食べます?」とまで聞かれ、ちょいと恥ずかしかったですわ。
まぁ、でも自分で炊いたご飯、そして豚汁。試食しながら、まぁたまにはこんなイベントもおもしろいなと思った次第ですわ。



taka7107 at 08:00│Comments(0)TrackBack(0) 自治会 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい