2008年04月01日

EX-IC使ってみた

これぞEX-IC



今日から新年度、早いもんですなぁ。この前正月だったと思ったのに、もう一年の1/4が終了してますわ。年度末はお客さんとの契約関係でドタバタあって困ったもんでした。まだしばらくはいろいろとこの関係で雑務が増えそう。予定が立てられないのがつらいですな。

さて、EX-ICの話。今週、なにか出張が見えているわけでもないのでとにかく早く使ってみたくてうずうずしていたEX-ICサービス。仕方がないのでさっそく昨日の会社帰りに利用してみた。
まずはケータイで予約するのだが、いつものJR西日本の予約サイトではなく、モバイルSuicaアプリを起動してのメニュー選択で入る。予約の仕方はいままでとほとんど変わらず、デフォルトがEX-IC予約になっているのがいい。もちろん紙のきっぷがほしいとか新幹線チケットレス運賃(EX-ICの運賃)の方が高くなる場合は、きっぷに変更というボタン操作で変更は可能だ。
仕事が終わって19時半。お急ぎ予約でとれたのは20時04分品川発のこだま585号の名古屋行き。もちろん名古屋までは行ってられないのできっぷは途中の小田原まで。予約画面にはEX-IC化と表示されている。さっそく、新幹線のりばの改札にタッチ。おぉ、まさにSKip♪サービスと同じ感覚。座席番号が記載された紙が出てくるのも同じだ。
ホームに降り立つと、なにやら見かけぬスタンドがあった。見た目はICOCAのチャージ機。実態はというとEX-ICの座席を確認するための装置らしい。こんなのわざわざ金かけて作らんでも、さっき出てきた座席の案内の紙ペラで十分でしょ。とつっこみたくなるぐらいの無駄遣いだ。
でもおもしろそうなのでとりあえずケータイをかざしてみる。すると座席番号がちゃんと表示された。あたりまえか。。。(*^_^*)
列車がやってきて、乗車。ひさびさの300系だ。品川を出ると即、検札にやってきた。ケータイを出すのか先ほどの紙ペラを出すのか不明だったが、あきらかにカードリーダを持っている様子はなかったので紙ペラを出したら検札印を押してくれた。よくよく紙ペラをみると「車内改札の際は、このご利用票を呈示してください。」と書いてあった。なるほど。
そんなこんなであっという間に小田原に。在来線の連絡通路を経由して我がホームステーションの辻堂を目指す。辻堂の改札で、品川−辻堂(厳密には品川−横浜・石川町−辻堂の2区間なのだが)のモバイルSuica定期券が入っている場合もきちんと動作するかどうかを検証。おぉ、ばっちり小田原−辻堂間の乗車運賃引かれましたがな。。。ガックシ(ーー;)
というわけでEX-ICの利用検証は問題なく終了!
ちなみに利用日から翌日まではWebで領収書が発行されているので立替払いがきく会社では出張にも利用可能かと思われます。
座席番号を確認する装置らしい


領収書

taka7107 at 08:12│Comments(0)TrackBack(0) 新しいもの | 便利なもの

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい