2008年08月16日

バッファローのNAS(Linkstation LS-WH1.0TGL/R1)セットアップ(その2)

基礎からのNAS―ネットワークに大容量ハードディスクをつなぐ (I・O BOOKS)


変な夢だった。小学校のころの話だろうか、ふとしたことから喧嘩になったようなのだが、なぜかとび蹴りを食らわす僕。その瞬間に足に激痛が走って目が覚める。そう、無意識に足が反応して蹴りを入れていたらしく、窓ガラスに激突したのだ。なんてこったい。。。夢でケガするのは始めて。う〜ん、どうなっとんじゃい。
さて、NASの話の続き。使い始めて2,3日。PC連動の電源ON/OFF機能はとても便利だがそれでもなお電気代がもったいないと感じている。それは普段データ転送がない時も自動的に電源ONになってしまうこと。なんとか必要な場合のみ電源ONになるように変更できないかと調べてみたら、皆さんも同じことを考えているよう。
まず、この電源ON/OFFのしくみはWindowsのサービスで「NAS PM Service」というのがインストールされ、電源ON/OFFのパケットを送信しているようなのだ。で、このサービスが自動で起動になっているのを手動に変えて、サービスを停止にしてみる。すると5分ぐらいでNASの電源が自動的に切れるそうな。瞬時に切れてくれればそれは一番ありがたいのだが、まぁ、それはご愛嬌ということで。で、今度、NASの電源が切れている状態でこのサービスを開始にすると、今度は瞬時に起動してくる。これならなかなか使えるかも。というわけでこのサービスの起動と停止をするスクリプトを作ってみた。というかネットの掲示版に掲載されているものをそのまま使ってみた。さらに節電効果が期待できてよかった、よかった。

taka7107 at 20:09│Comments(0)TrackBack(0) 便利なもの 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい