2009年09月07日

Link Theaterのコマ切れ問題はネットワークの帯域が原因



AVCHDビデオを保存・編集して楽しむ本 (INFOREST MOOK)
AVCHDビデオを保存・編集して楽しむ本 (INFOREST MOOK)
クチコミを見る


昨日の勝ちは大きいなぁ。7カード連続勝ち越しがかかっていたことはもちろんのこと、ヤクルトが負けたので2.5差に縮まったことももちろんのこと。なにより日曜日に勝ってくれると月曜日からの仕事へのモチベーションがぜんぜん違う。しかも月曜日には会社の同僚の広島ファンと顔を合わすことになるので、そこで優越感を味わえるのが一番大きい。もう下なんて気にせずに一気に3位に浮上してしまいましょ。
さて、動画の話。撮りためた動画をHDDに保存しつつ、DVDに焼いて永久保存なのだが、いかにも扱いにくいのがAVCHD形式。とはいえ昨今は環境がだいぶかわってきたようだ。確かに編集するにはかなりのCPUスペックが必要なのだがDVDに焼くだけならそれほどでもないらしい。そこはまた別途書くにして、とにかくNASに撮りためたのをDVDに焼くにはLinkTheaterというメディアプレイヤーで再生してHDDレコーダーに入力するというのが手っ取り早くていい。だが、ひとつ問題があって、何故かたまにLinkTheaterの再生時にコマ落ちが発生することが分かったのだ。まさか、NASの中にあるデータにノイズが乗っているとか?デジタルコピーなのでその可能性はありえないのだが、それでも確認しておく必要が。そうしないと安心して撮りためられないからだ。確認するにはCPUの高速なマシンで再生してみたらどうかということなのだが、我が家にはデスクトップマシンはなく、ノートPCのCentrinoレベルではいかんともしがたい。ならばNASとLinkTheaterの接続方法を変更。802.11gで接続していた無線LANをやめて、優先LAN(100Mbps)に変更してみた。すると、あれまコマ落ちが一切なくなった。う〜ん、そういうことか。調べてみたらパナソニックのAVCHD動画のビットレートは17Mbps。理論上54Mbpsの11gなら実行レートがぎりぎりのラインというところだろう。HDDレコーダへの取り込みは優先LANが必須ということか。

taka7107 at 20:38│Comments(0)TrackBack(0) 便利なもの 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい