2010年08月19日

コグニティブ無線システム


ほんと、すごい試合でした。こんな嬉しい試合は年に何回あるか。5本もホームランが出て大花火大会。ブラゼルダの2本目はホント目が冷めるほどの特大でしたね。推定145メートルとデイリースポーツに記載がありました。すんばらしい。林も2本打って、覚醒したかもですな。不動の8番打者になる可能性ありですな。久保もこれで11勝目。おめてどうござります。
さて、 独立行政法人情報通信研究機構(NICT)が、神奈川県藤沢市・茅ヶ崎市周辺で9月1日から「コグニティブ無線システム」の実証実験を実施するらしい。それに先立ち参加者募集を開始したようなので早速申し込んでみた。参加者は無料で無線LANによるインターネット接続が利用でき、NICTでは実証実験を通じてシステムの検証を行うそうな。コグニティブ無線システムとは、インターネットに接続するWAN回線のうち、例えばFOMAだったり、PHSだったり、はたまた光回線だっったりと、その時の場合に応じて最適な回線を通じて、通信を実現する無線LANルータから構成されているネットワークシステムのようです。まぁ、個人向けにもモバイルルータで似た様な機種が出始めてますが、個人が持つのではなく、インフラとして整備してくれるという位置づけになるみたいです。エンドユーザはどの回線を使っているという意識もなく、その時の最適な回線を自動的に選択されている訳なので、快適なインターネット環境が楽しめるというメリットがありますな。これをインフラとすれば誰が得をするのかは良くわかりませんが、景気対策にいっちょ、大盤振舞してみてもいいのではないでしょうか?
とにかく9月1日が楽しみですわ。

taka7107 at 07:40│Comments(2)TrackBack(0) 新しいもの 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 初物好き   2010年08月26日 15:07
こんにちは。私の職場にはたくさんのコグニティブルータが配置されています。
9/1を待つまでもなく、すでに参加登録も利用もできますよ。
コグニティブ無線の建前は、複数ある通信環境から、その場所その時点で適切なものを自動選択して提供し、電波の有効活用をすることになっていますが、http://cognitive.nict.go.jp/area/でルータ情報を見る限り、実証実験では1ルータは2キャリアしか対応しないみたいです。
PCとDSliteとPSPで接続を確認しました。
とりあえずの印象ですが、
1.ルータの出力が弱く、電波の到達範囲は10m程度。
2.未確認だが1台のルータが対応する端末は1桁台らしい。よって人が集まる場所はルータ密度が高い。
3.歩きながらの使用は想定されていないみたい。
4.連続使用はできない(定期的に切断されるらしいが、そこまで繋いだことがない。一応IPアドレスのリースタイムは1時間)。
5.今のところ、ルータ設置場所にそれらしい目印はない。
6.いままでネット環境がなかった場所でネットを利用できるようにはなったが、公衆無線と言うには貧相すぎる。2年間電波にただ乗りができるだけで終わってしまうのか?。
7.快適にモバイルネットしたければ、自前でデータ通信端末を持ち歩いた方が絶対によい。
8.ケータイのメアドをIDに使うのでケータイ持っていない人は実験に参加できない。
というところでしょうか。
2. Posted by TAKA   2010年08月27日 15:11
初物好きさん

コメントありがとうございます。
もう使えるんですね。

土日に時間があればさっそく試して見ます。
貴重な情報ありがとうございます。

でも、箇条書きを読む限りあまりよさそうなもんでもないですねーー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい