2011年06月03日

リゾートしらかみ

いやぁ、昨日も大変でしたわ。朝から発生したトラブル対応で、一日振り回され。残業時間帯にあった研修の事前説明に気分的にも凹み、気分的には全然晴れ上がらない、梅雨空の天気ですな。
そんなときは、妄想旅行でもしてみると気分が晴れるかもしれない。JR東日本パスがあるので、1万円で東日本エリアを一日旅することができる。手元に細かな時刻表がないので新幹線のダイヤ(臨時ダイヤで本数が少ないのかもしれないが)についての詳細は不明なのだが、まずは「こまち」を使って秋田まで。11時前に到着すると、「リゾートしらかみ3号」に乗車できる。「リゾートしらかみ」はJR東日本がすすめる、リゾートトレインの走り的な存在で、「青池」というフリー1編成がハイブリッド車、「ブナ」と「くまげら」という2編成がディーゼル車である。秋田ー弘前ー青森をつなぐ列車であるが、最短の奥羽本線ではなく、あえて眺めのいい日本海沿いを走る五能線をぐるっと遠回りする、移動よりも景色や、車内での楽しみといったものを重視したまさにリゾートトレインなのである。かつて、西村京太郎のトラベルミステリーで、本やドラマの題材にもなった。蜃気楼ダイヤと言われる、一度、列車がバックして、同じ駅に2回やってくる(たしかウェスパ椿山)ということがトリックになっていた気がする。ただし、今は3編成での運転となり、その時間的な余裕がなくなったので蜃気楼ダイヤはなくなっているようだ。
その「リゾートしらかみ3号」に乗車して、日本海の眺めを堪能。3号のみ停車し、しかも15分間も停車時間のある千畳敷でぶらりと見物もして、「リゾートしらかみ」のよさを十二分に堪能。終点の弘前からは在来線特急で新青森までの移動は必要。
そして最後の仕上げは新青森からの「はやぶさ」。一日列車づくしの旅なんてのはいかがですかねぇ。あ〜、旅行したくなってきた。


taka7107 at 07:47│Comments(0)TrackBack(0) 旅行 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい