2012年10月14日

東京エアポートにみる滑走路の用語

東京エアポートがおもしろそうだ。さすがに管制官のドラマということで、リアリティを追及している。羽田空港で、われわれは一般的にA滑走路、C滑走路といっているところも、34L、34Rと表現されている。飛行機の専門用語で、北を0もしくは360度(36)として、時計回りに10度刻みで1から36の数字を刻む。つまりはA滑走路の南側からのアプローチは340度の方向にあるので34。A滑走路とC滑走路はターミナルを挟んで並行にあるのでLとRに分かれているということ。大阪方面から来た飛行機はよく34Lに着陸することが多い。ちなみに逆方向は16Rと16Lになる。そしてB滑走路は220度の方向にあるので、着陸は主に22となる。またD滑走路は230度の方向になるので、23と05だそうだ。
ちなみに大阪伊丹空港は32Lと32R。羽田とは20度ずれているってわけですな。なかなかおもしろいですわ。


taka7107 at 23:06│Comments(0)TrackBack(0) テレビ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい