2012年11月19日

九州観光列車の旅(その3)  SL人吉

しんぺいからSL人吉へは乗り継ぎに1時間以上ある。なので、駅を途中下車して、街にでる、街といってもやはり廃れた場所で、食事をする場所が駅からは見受けられない。しばらく歩いて一軒みつかったので、そこにはいることに。86定食なる、SL人吉に便乗したネーミングの、860円の定食を食す。メニューがいろいろあって、豚のしょうが焼きをチョイスした。なかなかうまくてこの値段は満足。再度駅に戻ると、三々五々にSL人吉に乗車する予定のお客さんが集まってくる。SLの入線時間にはやはり人だかりでカメラを構えるひとがいっぱい。先頭はSLと一緒に撮影する人が多いことを想定し、反対側のホームから撮影することを選択。そしてもう一つ逃せないのが、くまがわ鉄道のKUMA1が入線してくること。ほかの鉄道ファンはそこまでチェックしていないのか、私だけがくま鉄のホームに向かっていて少し違和感があった。KUMA1も撮影できて満足、満足。
14:38定刻でSL人吉は汽笛の元、出発進行。球磨川にそって走るSLはのんびりと走る風情のある旅。外は煙とすすでいっぱい。すすのにおいもしてきて、あぁ、この感じ、この感じ、ザ・SLって感じです。アメリカンスタイルの球磨川第二橋梁を渡ると、球磨川の絶景が僕の座席側のほうに移ってくれたのでしばらく堪能。夏はラフティングや、球磨川下りなどがされているのだという急流で有名な川らしい。この人吉も数々の駅に停車して、停車時間は降りて撮影、買い物などが楽しめるダイヤになっている。一勝地という駅で降りて、縁起担ぎの入場券をば購入。受験生や高校球児にうけているという「一勝」にあやかっているのだという。午後からは雨はやんだのが、外気との気温差があるのか、窓が曇ってしまって視界が悪い。せっかくの展望コーナーも曇りガラス状態だった。というわけで、自席で曇ってはこすりつつ、地ビールと馬刺の薫製なるものを購入して、気分だけでも晴れ晴れとさせました。(*^o^*)ほろ酔い気分でいい感じ。2時間半と今日1番の最長乗車ですが、あっという間の楽しい汽車旅でした。さぁ、明日は「A列車で行こう」と「あそぼーい」。

image

image

image


image

image

image

image

image

image


taka7107 at 07:36│Comments(0)TrackBack(0) 鉄道 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい