2013年02月18日

わ鐵の旅はサイコー(^∀^)ノ

先週のひとりぶらり旅の続き。せっかくの会津若松の帰りに鬼怒川温泉から栃木を抜けるということで、ちょいと足を延ばして群馬県の桐生市まで。目的は、前々から乗りたかった「わたらせ渓谷鉄道」だ。通称わ鐵と呼ばれるこの鉄道は、桐生市から足尾銅山のある群馬県日光の間藤(まとうと読む)駅までの間を結ぶ、ローカル線。昔のJR足尾線だそうな。渡瀬川の絶景を眺めながら、勾配を上り進んでいく、ある意味登山列車的な位置づけ。休日にはその渓谷美を堪能するためのトロッコ列車わっしー号が出動することもある。かつてはDE10の牽引するトロッコ客車しかなかったのだが、窓にガラスをはめこめて、機回しの不要な気動車のトロッコカーが誕生し、冬場も運用されるようになった。今回乗るのはこのトロッコカーのわっしー号。これに乗るには時間があるので、まずは途中駅の水沼駅にある温泉センターで朝風呂をば堪能。露天風呂もあって、超気持ちいいっすねー。わっしーまでの時間が短く30分くらいしか入浴できませんでしたが、まっ、カラスの行水なもんで満足、満足。ここからがわっしーの旅。途中の神戸駅(ごうどと読む)には昔の東武ロマンスカー車両を利用したレストランがあり、その中で事前注文のやまと豚弁当を販売している。思いつきの旅なので予約していなかったのだが、販売員さんが余っているのでいかがですか?と言われ思わず飛びつきました。うん、なかなかの美味ですな。足尾銅山観光も時間があればしたかったので、終点の間藤ではなく、2つ手前の通洞で下車。結局時間がなく、そこからはバスで日光に抜けて、下今市からスペーシアにて浅草まで帰京。温泉あり、絶景ありのとてもおすすめできる旅ですわ。image
image
image
image
image


taka7107 at 07:38│Comments(0)TrackBack(0) 鉄道 | 旅行

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい