2013年09月09日

おれんじ食堂の旅(その1)

足のマメがつぶれて(というか気持ち悪いので自分でつぶして)からというものの激痛が走って歩くのがつらい。ただ、なにもせずに靴を脱いでいるとそうでもないのだが、そういう訳にも行かず、たまたま九州旅行と重なってこれまたつらかった。
さて、九州旅行の目玉である肥薩おれんじ鉄道のおれんじ食堂の旅。2両編成の青色の気動車に乗車してお料理を食べながらスローライフな旅を楽しむというもの。1号車はコースとのパッケージプラン、2号車は指定席料金だけで乗車できるが、料理も注文できるという形になっているが、事前に予約が必要だ。あらかじめ、電話で予約し、そのあと、請求書が送られてきて、支払ったらチケットが来るというなんとも面倒なやりとりで、このネット時代にネットで簡潔しないというめずらしいやり方だ。案の定、連絡の行き違いがあって、申し込んだ内容と違う請求書がきたり、振り込んでいつまでたってもチケットが来ないなぁと思っていたら発送を忘れられていたというオチだったり、このあたりのやりとりは、個人相手ではなく、旅行会社のパッケージプランに盛り込む方が専門で、後回しにされている感が満載だった。それでも丁寧に対応してくれて当日を迎えることができた。川内のホームに行くとまず丁重なお出迎え。駅員二人が総立ちでお迎えしてくれる、まぁローカル線ならではできることであろうが、このあたりの社員教育はきちんとできているような気がした。そしていざ列車内へ。さすがレストラン列車、配膳がきちんとされていていつもの列車とは違う雰囲気だ。海側は向かい合うカップル席、山側は海に向かう二人掛けのソファー風のイス。キッチンは1号車にあるようだ。定刻になって、ディーゼル音を響かせておれんじ食堂は出発した。続く。

taka7107 at 07:41│Comments(0)TrackBack(0) 鉄道 | 旅行

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい