2014年12月02日

2014年冬の鉄旅(その4)

ユーキャンの流行語大賞が発表されて、今年は「集団的自衛権」と「だめよ〜ダメダメ」の2つに決まったそうな。アナ雪と妖怪ウォッチが大本命かとおもっていたが、少し意外な結果でした。
さて、鉄旅の続き。直江津に少し遅れて到着した妙高1号。遅れなければ3分の乗り継ぎでとなりのホームに到着するので乗り継げる。今回は延着があらかじめ越乃Shu*Kura側に伝えられていたようで発車を待っていてくれた。まぁ、もともと接続の列車のようだ。ただ、おもしろいのが、Shu*Kura自体は二駅手前の高田が始発駅。本来であれば高田で乗り継げればいいのだが、高田は先発して、先の直江津で後からくる普通列車の妙高に乗り継ぐという、快速列車が普通列車に追いつかれて乗り継ぎをするというおもしろいパターン。こういったのを見つけるのも鉄旅の楽しさだったりする。さて、Shu*Kuraに乗っていざ、十日町へ。座席に座っていてもおもしろくないので2号車のジャズ演奏を楽しみながら日本酒の試飲ができるコーナーへ。立ち呑みになるのだが、海向きにカウンターが用意されているので、海を眺めながらお酒が飲める最高の場所だ。そして、直江津を出てすぐに青海川という海に一番近い駅近辺を走行。かなりの絶景で、お酒もすすむ。お酒は1000円のクーポン券を購入し、試飲する銘柄によって10枚のクーポン券(500円で5枚もあるが、いずれも1枚換算100円となる)のうち、1杯あたり、1〜3枚払って試飲するという形になる。また、無料の試飲イベントもあり、量は少ないが、ちいさなカップで、蔵元さんが乗車して振る舞い酒をしてくれるというのも乗車中2回ほど開催される。あとジャズの生演奏は3回あり、ジャズとお酒、そして海の景色は絶好のハーモニーとなり、ほろよい気分になれるという呑み鉄にとってはこの上ないイベント列車だ。青海川駅にも停車し、記念撮影ができたりと、今回はあいにくの曇り空ではあったが、これが快晴であればさぞ、絶景であっただろうと少し悔やまれた。続く。
49

41

21

17

55

17

02

50

19



taka7107 at 07:40│Comments(0)TrackBack(0) 鉄道 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい