2015年07月21日

火花

夏休みになって東海道新幹線が親子連れで混雑している。エクスプレス予約を会社のコーポレートカードでも、個人のカードでもどちらでも利用できるように設定できているので便利は便利。ただ、間違えて違う用途で使わないようにしないと後々問題なるとまずいので注意は必要だ。で、その予約の際に×印の多いこと、多いこと。普段の休日でここまで×印がついていることはまずない。夏休み恐るべしだ。
そんな新幹線での暇つぶしに芥川賞受賞の火花を読んでみることに。普通に書店で購入するとおそらく完売、入荷待ちとなるのだろうが、電子書籍はこういう時に便利だ。あっというまにダウンロードができて、あとはひたすらタブレットで読むのみ。どんな人気小説でも完売になることはない。どうしてもハードカバーで自分の書棚にかざっておきたいということでもないかぎりは場所もとらないしいいと思うのだが。。。
で実際の中身だが、ネタバレにはなるが、若手漫才師徳永という主人公が、神谷という先輩芸人を師匠として慕い、漫才師とはなにか、人間とは何かを追い求める物語。さすが芥川賞作家の表現は文学的すぎていまいち理解できないような箇所があったかと思うと、そうでもなく簡易な表現もあったりと、なんとか最後までイヤにはならずに読み切ることができる作品ではある。最後の衝撃的な展開にはなんとも唖然とさせられ、映画化できない作品というのもうなづけなくもないが、おそらくそこはなんとかうまくビジネスとして成立させるスペシャリストが現れることでしょう。新幹線の片道+1時間程度で読み切れるボリュームの作品だった。

taka7107 at 23:02│Comments(0)TrackBack(0) 世の中の出来事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい