2015年12月02日

アルプスエキスプレスにトイレが設置されてるじゃあ〜りませんか

月末月初の事務処理でもうてんてこ舞い。そんなところに面談やら社長のディスカッションやらでいろいろとやっかいなことが加わって身動きがとれない状況だ。その上、事業計画までとなると。。。う〜ん、なんか楽にやる方法ないのかなぁ。。。
さて、高岡からの続き。ドラえもんトラムを満喫して、ホテルに戻ったらバタンキュー。翌朝が早いので目覚ましをかけてすぐに眠ることに。翌朝は4時半に起床。シャワーを浴びて駅に向かう。5時54分発の始発電車で富山に向かう。富山からは地鉄の急行列車なのだが、7時発の列車。これに接続するのがこの始発しかないというので致し方なしだ。昔も乗車したことのあるこの急行列車は宇奈月温泉で折り返してアルプス特急のアルペン号になる水戸岡さんのレッドアロー号だ。宇奈月温泉までの往復乗車券よりもフリー切符の方がやすいのでそれを購入して乗車。天気がいまいちなので立山連峰の絶景は拝めないが、きれいで快適な車内でのひととき。はじめて気がついたのだが、実はトイレが設置されている。前回乗車したときは地ビールを飲んで、ほろよいだったのだが、トイレがなくて困ったものだ。立山に到着するや否やトイレに駆け込んだ覚えがある。お酒を出す列車なのにトイレがないとは。。。とグチった覚えがある。同じ要望がいっぱいあがったんでしょうな。おかげさまで快適。寒くてビールは飲まなかったが、コーヒーを楽しむことができた。1時間ちょっとで宇奈月温泉に到着。駅を降り立つとかなり寒い。これからさらに標高があがって気温も下がるというのに大丈夫かなぁと少し心配になった。予約した9時42分発には1時間近くあるし、普通車を予約しているので、最後まで寒くて乗り切れないのではなかろうかと心配になって受付に行ってみた。やはりこの時期は普通車ではなく、特別車もしくはリラックス車に乗った方が無難とのこと。時間も早めのやつに変更可能ということで、9時発の列車でリラックス車に振り替えをしてもらった。さぁ、欅平めざしていざ、黒部峡谷鉄道の旅のはじまりっす。

taka7107 at 07:42│Comments(0)TrackBack(0) 鉄道 | 旅行

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい