2016年04月27日

さよなら能勢電1500系、そしてさようなら。

なんで負けちゃうかねぇ。。。こんな大事な試合で。ほんまに藤浪しっかりしてくれよ。なんで最後で気を抜くねん。読売はくたばってくれんと困るんやけどねぇ。まじで。今日は一日テンションさげさげやけどなんとかがんばろ。
さて、能勢電の話。1500系がついに引退になるとのこと。登場時は能勢電についに大型のしかも冷房車が投入と一大ニュースとなって衝撃が走ったのを覚えている。自分的にはこれらの設備の充実よりも、阪急時代とは違うカラーリングであるということ。窓枠のところにクリーム色の帯を巻き、新型車両?と思われる装いだった。阪急時代に利用されていたサボによる運用をなくして行き先表字幕を装備したことも斬新だった。サボのような鮮やかさには欠けるのですが何よりもこれも能勢電初のことだったので斬新。今でも登場時の衝撃を覚えてますわ。そんな1500系も1500Fは正面の幌枠が銀色のままの塗装、1501Fは幌枠もカラーリングと微妙な違い。そして1500Fはすべて運転台車両で構成されており、中間車にも運転台があった改造車であり、4連ながら2連でも運行できるのでは?なんて能勢電らしさを醸し出していたら将来的に2連x2本に改造されて本当に実現してしまったのはびっくりだった。ただ、1型のカラーリングだったり60型のカラーリングだったりと、当時の窓まわりクリームカラーはみられず残念きわまりない。せめて最後には最初の登場時の姿に戻してあげて見送りたいところ。同じ阪急電車の車両でも色を変えるだけでこんなにもイメージが変わるのか、驚きを教えてくれた電車だった。ありがとう1500系、そしてさようなら1500系。

taka7107 at 07:30│Comments(0)TrackBack(0) 鉄道 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい