2016年09月29日

福井鉄道がおもしろい

福井で昔のお客さんと懇親のための飲みをば。時間があったので福井の街を見ることができた。えちぜん鉄道は以前に乗車したことはあったが、北陸新幹線のホームを利用した運用されてからははじめての乗車。そしてなにより楽しみだったのは福井鉄道への乗り入れの列車だ。どのように乗り入れするのか不思議ではあった。えちぜん鉄道はふつうの高床の車両が走るローカル路線。福井鉄道は市内線ということで路面電車。フクラムという低床のトラムが走る路線である。これがお互いに乗り入れるとなると昔の京津線のように路面区間は急行でぶっとばす高床車両が走るのかとも思ったが、そうではないらしい。低床のトラムがえちぜん鉄道の三国線に乗り入れる。田原町というところでいままで乗り換えができたのだが、ここで線路が直結。トラムが乗り入れてくる感じだ。で、この乗り入れのため、えちぜん鉄道線内に低床ホームを作っている。高床の先に低床をつくるパターンもあれば、右が高床、左が低床とおもしろい構造もある。中にはどうしても低床のホームがつくれず駅を通過するというのもある。そして三国港まで乗り入れるのかと思いきやこれがまた中途半端で鷲塚針原という駅まで。ここには低床専用の分岐線をもうけて、トラムが折り返すための場所をもうけている。ただ、この駅、無人駅。なんでこんなニーズの低そうな駅をあえて始発駅にしたのかまったくもって不思議だ。う〜ん、福井鉄道、おもしろすぎる。

taka7107 at 23:09│Comments(0)TrackBack(0)鉄道 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい