2017年01月20日

シングルツインの魅力

やっと走り出したサンライズ瀬戸・出雲の東京行き。この列車おもしろいのはのぼりとくだりで必ず先頭が瀬戸になるということ。つまり下りの場合、瀬戸が先に岡山で切り離されてさよならするパターン。分割シーンを見られるのは出雲の乗客のみ。そして、逆に上りの東京行きも先頭は瀬戸なので、瀬戸が先にホームで待っていてあとから出雲がやってくるというパターン。なので、連結シーンが見られるのは瀬戸の乗客のみということになっているのだ。なかなかおもしろい、事象ですな。とするとサンライズ出雲・瀬戸という表記ではなく、上りも下りもかならずサンライズ瀬戸・出雲なんでしょうか?あとで調べてみよう。というようなことを考えながら、もう真っ暗ではあるがながれゆく景色を眺める。乗車したのはシングルツインという最大で2名泊まれる客室。ほんとうはシングルデラックスを希望したのだが、1編成(瀬戸と出雲で2編成)あたり6室しかないので大人気。いつも満室になるのでしょう。みどりの窓口に5回以上ならんだが、いずれもキャンセルは出ませんでした。次回こそはここに乗りたいところ。それでもシングルツインもなかなか。気分におうじて、上下のベットを使い分けられるし、広々としている。下段ベットから上段のブラインドが遠隔操作でおろせるというのは一人で利用する場合の利便性を考慮してあるのでしょう。すばらしい。ただ、部屋がすべて列車の車端にあり、台車の近く。音と揺れが他の客室に比べるとひどいような気もします。滅多に乗るものではないから比較のしようがないのですが、上段ではさらに揺れるしと気になりポイントが結構ありました。

taka7107 at 07:33│Comments(0)TrackBack(0)鉄道 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい