2017年07月17日

直虎展

都市対抗野球へのお出かけ前に、せっかく休日に出かけるので、やるべきことをやっておきましょう。まずは江戸東京博物館で開催中の直虎展に。大河ドラマのおんな城主、直虎とその息子、直政が井伊の家をどのように大きくしていったのかがわかる展示でした。幕末の大老、井伊直弼につながる井伊家は、今川に直親を抹殺されて男子系が絶滅。虎松(のちの直政)が成人するまでの後見の家督として女性である次郎法師、直虎が継ぐことになるわけです。ドラマですでに描かれた徳政令の話なども記載はありますが、それ以外に気賀の町がどのようなものだったかとかの詳細はあまり展示がありません。そこに関してはあまり史実としての証拠がないのかもしれませんね。直虎ではあまり話がつくれないのか、直政に至るわけです。小牧・長久手の戦いで井伊の赤備えをお披露目し、武功をたててから徳川四天王と呼ばれて、出世を遂げるようです。その後、関ヶ原の戦いでも武功をあげて、石田三成の居城であった佐和山城を手に入れ、さらに彦根城を築き、滋賀の大名となります。そしてその息子、直孝は大阪の陣で武功をあげ、真田丸の「あの赤備えにも物語があるのだろう」のせりふにつながるわけですね。なかなか勉強になりましたが、やはり史実に基づいているので、もう少し大河ドラマよりの、大河ドラマ館を訪れたいと思いました。

taka7107 at 07:44│Comments(0)TrackBack(0) 歴旅 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい