2017年12月21日

ITストラテジスト試験に合格\(^o^)/

久々にうれしいニュースが。昨日は秋期情報処理技術者試験の合格発表日。今年の10月に受験したのはITストラテジストの試験。去年、午前2は92%という2問間違いのみという好成績ながら、午後1で失敗するということをやらかしたがために不合格という無念を味わってから1年。見事に合格できました。\(^o^)/ 年1回しか受験の機会がなく、不合格になると結構ショック。昔までは高度試験なんて論文があるから受かればまぐれとおもっていたような試験だったのが2015年に上司から発破をかけられて一念発起して以来、PM、ITSMと連続合格したものの、その後2016年はAU、STともに不合格。そして2017年の春もAUは2度目の不合格ということで負け癖が染み着いてきていました。これはいかん、テコ入れせねばと。しかも今回不合格になると午前1の免罪符の有効期限が切れて、また午前1からがんばらなければいけないところでした。いやぁ、ほんとそれはつらい。連続合格で来てからの不合格だったので、未だにそれを味わった品川駅のホームでの悔しさを1年経っても鮮明に覚えているし、数日間は寝付きが悪かったのも覚えています。臥薪嘗胆とはまさにこのこと。くやしさをバネに勉強した甲斐ががありました。内容は午前2が68%。今回は難しかった。下手したらここで足きり食らったらジエンドでしたが、なんとか60%越えできました。そして問題の午後1は77%とまずまずの点数。4問中2問を選択するのがお作法なのですが、私が選択したのは問1の大型機器製造業のIoTを活用したビジネスモデル構築の問題と、問4の超小型人工衛星開発の問題。前者は忘れたが、後者は内容的に結構おもしろく、すらすらと回答できたような記憶がある。今時のトレンドを盛り込んだ問題であり、おもしろいが、ITストラテジストとして求められるビジネスモデル構築のスタンスなどは不変のものであり、そこ部分が問われているのだと思った。そして論文の午後2についてはひたすら事前用意した2つの論文のどちらかを書くという形に。用意していたのは、テキストに掲載されていた事例2つをひたすら暗記しまくったもの。食品スーパーにRFIDのかごを用意して顧客の導線分析から売り上げをあげようという施策と、大手家電量販店の大型家電配送および据え付け業務をITを活用して改善し、顧客満足度を向上しようとする施策の2つ。結局書き写したのは後者の方。ITストラテジストということで、サービス企画やビジネス企画、経営企画といった企画だったり、営業業務だったりと、前者の3つはまるで経験したことのない業務であるが、今回の勉強で仮想体験ができたようでおもしろかった。さて、次回は春のAUを3度目の正直としてがんばりましょう。今回勉強方法をそこそこ確立できたので今後はまた連続合格できるようにがんばりましょう。

taka7107 at 07:26│Comments(0) 資格試験 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい