2018年06月05日

鹿児島に行くなら仙巌園と古尚集成館ははずすべからず

大河ドラマ館のオープンは9時。朝5時から歩き始めているので、4時間くらいになる。さすがに疲れてきたのでドラマ館近くのセブンイレブンにてほっと一息コーヒーをば。ちょうどよい時間になったので入館する。20名ほどが並んでいる程度。ゆっくりと見ることができるのだが、まぁ、これがほんとイマイチ。今までみた大河ドラマ館の中で一番しょうもないというか。。。天地人(直江津)、真田丸(上田、九度山、沼田)といろいろと見たが、なんでだろうか?史実に基づいた紹介コーナーがなく、たんなるドラマの紹介に終わっているからかしら。展示も少ないし。。。また売店コーナーでもこれは買いたいと思うようなかっこいいものもなく。。。さっさと終わって次は西郷どんのロケにもよく使われた仙巌園へ。時間がもったいないのでタクシーで移動。何か地元のいい話がきけないかと運転手に話しかけてみる。どうやら10年前からタクシー運転手を始めた方らしく、昔は仙巌園とは言わなかったということや、桜島の前にある錦江湾がハワイの真珠湾に形状がにていることから太平洋戦争が始まる前に軍事訓練がされたという話などを聞くことができた。10分程度、1600円で到着。園に入って最初に目にするのがドラマでもよくでてきた反射炉。島津斉彬が作ったそうだが、薩英戦争、西南戦争と2度の戦場になり、焼失したようで、石垣だけが残ってました。その後、ぢゃんぼ餅なるものを食した跡にいざ庭園に。おぉ、あの見慣れた、御前相撲が開かれた島津家の別邸ではないですか。桜島が目の前に巨大に見えます。これを見ながら幕末を憂い、その後の薩摩、ひいては日本をどうするかを考えていたのでしょうね。お屋敷にも入場し、ドラマでも出てきた、謁見の間や、応接のテーブルなど見応えのあるものでした。その後庭園を散歩すると、何カ所かに西郷どんでロケに使われた場所ということで立て看板がされていて、その場面も紹介されていてとてもわかりやすい。庭園内にある食事どころで昼飯でも食べられればよかったのだが、帰りの新幹線の時間もあるため、ここは足早に次の古尚集成館へ。ここは日本最古のヨーロッパ式の工場ということで、ここで大砲などを製造していたのですかね。今は資料展示館になっており、薩英戦争の様子や、島津家の工業面ので功績がいろいろと紹介されていて、ここもとても見応えあっておもしろいです。ゆっくり見たいところですが、ここも結局足早となって最後の薩摩切り子の工場見学へ。島津斉彬がはじめたという薩摩切り子のできあがるところが間近に見学できておもしろいです。というわけで、この場所が一番見学に楽しく、一番時間をさくべきところでしたね。次回はそうおぼえておきましょう。今までこんな観光地しらなかったので、大河ドラマのおかげです。う〜ん、鹿児島を堪能できました。西郷どん、ありがとう。
20180603095802



taka7107 at 07:37│Comments(0) 旅行 | 歴旅

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい