2018年06月17日

フレックスタイム制度導入

7月からの勤務スタイルが少し変わる。毎年、わが社では生活スタイルを変革させようという働き方改革の一環として、フレックスタイムを試行的に導入したり、個人ごとにシフト勤務が実施できたりといろいろとやっているのだが、とはいえ、なかなか浸透がすすまなかった。そこで今年は一気に導入を推進しようということで、管理者が全員フレックスタイム導入するということに。当然、私も漏れなく対象ということになる。フレックスタイムは月間の勤務を月初めに計画し、コアタイムだけは必須で会社に居なければいけないが、それ以外は業務の状況に合わせて早めに帰宅したりということが自由にできる勤務形態。たとえば、毎週金曜日は習い事があるので、その日は早く帰るように勤務時間を設定し、その分を木曜日の勤務時間を長めに伸ばしておくということもできるということだ。まぁ、管理者になると残業で残業代というものが関係なくなるので普段からまぁ、そこそこ自由な勤務形態にはなっているのだが、それでも毎日同じ勤務時間でというよりは少しメリハリをつけて仕事に取り組むということで、トータルの残業時間を減らすことができるというのが会社側のメリットでもあるのでしょう。とはいえ、夜間の勤務ができないなどいろいろと問題点もあって、特にわれわれのように夜間工事のあるシステムをもっているチームにとっては導入が足かせとなっている。今回はとにかく実施ということなので、まずはやってみてという形にはなるのだが、はたしてそう残業時間は減らすことができるのであろうか?


taka7107 at 09:41│Comments(0) お仕事 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい