2018年06月27日

ほうれんそうができない困った課長陣

陽川、すばらしい。よくぞやってくれた。やっとこさの連敗脱出。9回にドリス使ったときはまたまたヒヤヒヤしましたが、今回は無難に対応してくれました。それにしてもバカープがまたまたバカ勝ちしやがって、ほんまに空気読めって感じやな。クライマックスシリーズでDeNAみたいに下克上してやるわ。 さて、お仕事の話。課長級の打ち合わせにていつも話題になるリソースの話と、会議への参加、不参加の話。リソースはもうパンパンだとわかっているんだから、とにかく案件はお断りしようというのが理解できないらしい。稼働の状況もみないでとにかく前向きにしか考えない困りものの課長。営業は旗をおろしたので、今シーズンは目の前にある案件をひたすらやりましょう。そして下期に営業かけましょうが、方針である。で、その目の前にある案件を確実にやるという点からは進捗報告をきちんとやってほしい。ほうれんそうはビジネスの基本動作であるにもかかわらず、課長陣はどうも、面倒なことは避けたいとか、よけいな仕事を増やすな的な雰囲気で満載。別によけいな稼働ではなく、必要最低限の稼働だ。報告する義務があり、どう報告するかによってうまく報告できればリソース調整してもらえるかもしれない。困ったときだけ、自分勝手にお助けくださいとヘルプを求めるなどもってのほかだ。順調にいっていますを報告するのは、業務を遂行している者の最低限の義務である。そんなことも分からない課長がいるということがびっくりですわな。そんな課長に限って、普段の状況は報告しないで困ったときだけ、リソース調整してと泣きついてくるのだ。そんな課長をみていたら、みんなそれでいいんだってなってしまいますわな。ほんと困ったもんだ。情報処理の試験とかを勉強していたら、プロジェクトは進捗報告しなければいけないと経産省の定める基準にかかれている。とするとその証跡がないと監査の時にアウトだ。課長が全部の案件なんて見られるわけないのだから、実際にやっている人が、きちんと報告するのは当たり前の行為なんですけどね。やれプロジェクトが忙しいだとか、報告しても意味がないと勝手に決めつける課長の多いこと。ほんまに困りもんですわ。組織の風土改革が必要でしょうね。

taka7107 at 07:19│Comments(0) お仕事 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい