2018年08月09日

帰宅命令はトップが即英断を。

台風接近で早めの帰宅を。フレックスタイムの利点を活用して15時あがりに。とはいえ、年休で2時間とったところで結果は同じことなのだが、フレックスだと無駄に年休を使わずとも、残業の貯金があれば、それをお休みにあてられるという利点があることがわかった。なるほど、フレックスタイムなんてなにがいいんだと思ってはいたが、少しはわかった気がする。とはいえ、年休があまりにあまってとりきれない私にとっては意味のないこと。そもそも働き方改革よりも仕事をうまく逃げてやらない人のケツ拭きをやらされる人を助けてあげる仕組みをつくらないといけないですわな。まぁ、人類永遠の課題かもしれませんが。いずれにせよ、働き方改革である程度、職場がいい方向に導かれればいいですな。ただ、昨日の台風接近にせよ、我が社は対応が遅かった。ほかの会社はトップである社長命令で帰宅を指示したとか。うちの会社はそれを組織にゆだねるのだ。組織ということであれば4th組織まで落ちれば、私が部長の代行判断で、帰れともいえるのだが、それが2ndなのか3rdなのかがあいまい。私がかつて兼務で所属していた組織はその2nd長が率先して帰れ命令を出していた。そういわれれば安心して帰れるのだが。。。そしてこの時期になると課長がお休みに入って不在なことが多い。なので指揮命令が不十分になる可能性がある。こういう時こそトップとしての資質がとわれようもの。できればグループの長たる持ち株会社の社長が命令を下せばいいのに。。。

taka7107 at 07:11│Comments(0) お仕事 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい