2018年08月12日

IFTTT(イフト)を使ってみる

いやぁ、すばらしいね。梅ちゃん、爽快なホームランありがとう。小野、プロ最長イニング投球おめでとう。ナバーロは猛打賞で、ロサリオもまずまず好調。福留を休めていい感じの試合展開でみごと快勝。ハマスタで今期は9勝1敗だそうで、今日勝てば二桁勝利ですわ。タイガースの応援団が、「私たちはあの青い人たち以上にI Love YOKOHAMAですね」という気分がわかりますわ。今日もかって3タテ、4連勝と行きましょうぞ。\(^o^)/ さて、Gmailの話。Gmailに届いたメールからスケジュール登録をしたいという簡単な要望がなかなかかなえられない。たいていのアプリには共有というボタンがあり、その共有ボタンでスケジュール登録というのを押下するとその内容がカレンダーに登録されるという便利な機能がついている。それがなぜか、Android版のGmailにもInboxにも実装されていないのだ。いろいろとネットで調べてみると、IFTTTを利用してやっているという人がいた。さっそくIFTTTなるものを利用してみることに。これはIF THIS THEN THATの略で。IF、もし、THIS THEN、この処理が来たら、THAT あの処理やってというWebサービスを連携するスクリプト的なサービスだ。たとえばGmailに予定というラベルのメールが届いたら、Googleカレンダーに登録するというもの。レシピと呼ばれるスクリプト的なものを記述するのだが、言語というよりも、単なるIF分程度なのでぜんぜん難しくもない。サンプルも用意されているし、人のものをぱくってくれば即使えるという便利さ。で、肝心のGmailのやつをやってみたのだが、どうもうまく行かない。予定ラベルを付与すると、登録されるのがサブジェクトだけというお粗末さ。せめて本文が登録されてくれればいいのにと思う。しかも時間が、本文に記載されている内容を解釈しないので、ぜんぜん見当違いな日時で登録される。AI全盛のご時世になんともお粗末としか言いようがない。う〜ん、こんな簡単なことも実装できないのかと悲しくなるし、世間のみなさんはいったいどうやってスケジュール管理しているのだろうと思ってしまう。まぁ、IFTTTは結構楽しいので、これはこれで別の意味で楽しんでみるにして、まずはこの要件を満たす仕組みを実現してみようっと。

taka7107 at 07:49│Comments(0) 困ったぞ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい