2018年10月21日

秋の情報処理技術者試験終わる

半年に一度の情報処理技術者試験を受験。今回はシステムアーキテクトという分野。ソフトウェア開発をするリーダー的な存在であり、我が社では一番重宝される人材である。まぁ、ソフトウェア開発を生業としているわけなので当たり前のことではある。ただ、私自身はこの王道ともいゆべきキャリアを踏んでいないので正直この分野は非常に苦手。最近担当したプロジェクトにて、やっと業務システムのテストについて、UT/IT/PT/OTとそれぞれの工程とその工程とマッチする設計工程としてSP/ED/IDなどがあるというのが分かった程度。それをそれぞれの工程の細かな作業とツールについて学ばなければいけないということでなかなか敷居の高い分野であった。ただ、過去問を見るとそれほど難しそうではなく、知識というよりかは論文を如何に書くかという国語力が求められるような気もしていた。というわけで受験をしたわけだが、まずは午前1はパスなので朝はゆっくりスタート。試験会場までの道は少し散歩がてらに遠回りをしながらたどり着く。午前2の試験なのだが、これが25問中、15問正解しないと足きり不合格となる。過去問をみると、過去問ばかりが繰り返し出てくるように思われたので楽勝だろうとタカをくくっていたのが、これまた失敗。結局、25問中、確実に答えが分かったのが9問、それ以外はたいていはじめてみるような問題で、消去法で1/2までできたもの、1/3までできたもの、まったく検討もつかないものに分類すると、やはり1/3が多く、その確率論で算出して、ぎりぎりの15問正解。いやぁ、これはやばいですな。ちなみに午後1については4問中、2問を選択する方式。攻略本によれば、字数の多い問題を選べば部分点がもらえるので、むしろそっちをねらえという話もあるし、逆に時間がかかりすぎるのでやめた方がいいという本もある。で、今回は3問目があきらかにオーバースペック的な文字数というのが解答用紙が配られた際に分かった。1問目はIT系の会社の研修システムや目標管理システムについての問題。研修受講前に受講生に受講を促す通知が行くが、人事異動も絡む時期に送信されたメールには古い所属になる可能性があるシステム上の不具合をどう是正するのかというような内容が問われる問題だった。これなら答えやすそうということで選択したのだが、問1と問3の回答が似ているのでこれは明らかにどちらかが間違っていそうな予感。というわけで、50点満点とすると25点くらいか。

taka7107 at 07:30│Comments(0) 資格試験 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい