2018年12月01日

辻堂から光風台までの駆け付けについて考えてみた

今日は三七日の法要の日。今週は辻堂なので、法要を母におまかせする形となった。
さて、辻堂から大阪への緊急時のかけつけがどれくらいで行けるのかというのを考えてみた。というのも父がいつ危篤になるかわからなかったので、事前に検索しておいたのだが、実際には呼ばれてから臨終までの期間があまりにも短すぎて間に合わなかったから意味はなかったのだが。。。
まず、昼間の時間帯。これは新幹線を利用するのが一番早い。便利なのは小田原経由なのだが、本数が2時間に一本、かつひかりなので、のぞみにはかなわないということで速さでは候補から除外される。新横浜まで戻ってというのが最速となって、新大阪までであれば2時間56分となる。まぁ、3時間弱。ここからタクシーで病院まで飛ばしたとして3時間半程度か。駅までの徒歩と旅立ちの準備を含めると4時間強といったところが妥当な線だ。このルートは、始発が5時18分で、始発だけは小田原経由が一番早い。最終が20時49分となる。旅立ちの準備と辻堂までの徒歩を考えると、最終は20時過ぎまでの呼び出しまでなら対応可能ということだ。では、それが過ぎたあと、朝の5時前まではどうするかという話だが、その場合はタクシーを考えていた。タクシーで辻堂から駆け付けた場合の金額はネットで調べると約174,160円とあった。深夜料金は含まれているが高速代は含まれていないとのこと。妥当な金額なのだろうか。ただ、所要時間が5時間41分とある。朝の3時を過ぎると到着時間が8時41分となることを考慮すると朝一の新幹線+タクシーが早いという結論にもなっていた。いずれせによ、今回の父の場合は、15時に呼び出されて、18時過ぎの臨終では新幹線を駆使しても間に合わない。難しいことですわなぁ。。

taka7107 at 08:20│Comments(0) 父の死 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい