2018年12月07日

ソフトバンクの通信障害は他人事ではない。公衆電話網やWifiの見直しは必須かな。

朝から打ち合わせや資料作成で忙しく、ニュースをみる時間もなかったのだが、なにやらソフトバンクの通信障害でもちきりのよう。同じく通信を生業とする我が社にとっても他人事ではないというのが本音だ。原因はスウェーデンのエリクソン製の通信制御装置のソフトウェアの不具合だとか。なんでも証明書の有効期限切れということで、TCP/IPのSSL通信等においては暗号化鍵に必要となる証明書というのがあり、その期限が切れると通信がとぎれてしまうという事象はよくある話。通信制御装置は専門ではないので中身がよくわからないのだが、まぁ、一般的なTCP/IP通信と同様だとするとそれが原因の可能性もあり、ほんとうに他人事とは思えない事象だ。通信が突然切れるというのは、こういった証明書が原因だったり、DNSという名前解決する仕組みがあるのだが、それの設定を変えるとか、通信ソフトウェアのよりハードウェアに近しい部分のファームウェアというものをアップデートするとソフトウェアのバグを踏んでしまってというのが典型的な形でよくありがちなところ。今回もまぁ、こういったところが原因だったということで、あらためて、人の振り見て我が振り直せではないが、きちんと教訓としていかなければいけない。で、やはり今回見直されるのは、ケータイ電話会社の分散であったり、Wifiへ通信を逃がすWifiオフロード、今回の場合は逃がすと言うよりもバックアップ回線として利用するという形ではあるが。。。そして、公衆電話ということになるのだが、公衆電話については設備を縮退している状況で、有事に備えて再増備するかという話にもなって、NTTの設備投資が増えそうな予感。まあ、それでもやはりあったほうがいいのは確か。特に有事というよりも、たとえば、私が毎週行くジムは、地下にあって携帯が圏外になることが多い。なので、Wifiでつなぐのだが、これがたまに調子が悪くなってつながらないとかがある。そんなときに限って電話がかかってきたりすると、気になって運動に集中できないのだ。こういった日常をバックアップする意味でも、公衆電話網は少し見直していいかもしれませんね。あとは、Wifiも使えるからと安いルーターで使い続けるのではなく、セキュリティ上の問題もあるので、定期的に買い換えをして、アップグレードしておくというのも大切でしょう。

taka7107 at 07:19│Comments(0) 世の中の出来事 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい