2018年12月26日

年賀状じまい

年賀状じまいというのがあるらしい。確かにうちの実家も年賀状をやめてから数年経っている。高齢になると文字を書くのもつらくなるというのが理由のようだ。今の高齢世代では中にはパソコンが使えるので印刷してという人もいるのだろうが、それならいっそのことメールやLINEでという風になってしまうのだろう。今年は特に平成最後の年賀状ということで、これを機に年賀状じまいをする人が平年の5倍もあるという。寂しい限りではあるが、これも時代の流れなのだろう。子供の頃は、年賀状を作ることがなにより楽しみだった。プリントゴッコで、原画をつくって、版画のようにペタペタと印刷していく。至ってアナログで、インクが減っていくと薄れて印刷されたり、強く押しすぎると台座がずれて、二重写りしたりと、一枚ごとに仕上がりが違うというのは手作り感あふれていた。それでもやはり版画なので表現力は乏しく、それがパソコンになって格段にカラフルになる。写真をふんだんに使って、一年間の振り返りができて作っていて楽しいものだった。そしてなんとか元旦に届くようにクリスマスのお休み前までにがんばって書き上げて投函。あとは元日に逆にもらうものを楽しみにするというのがあった。今年は喪中なので年賀状のやりとりができないのは残念で、おそらく、年々フェードアウトしていく人もいるだろうから、減っていくことは致し方ないのかもしれないが、なんとも日本の風物詩がなくなっていくというのは寂しい限りですな。

taka7107 at 07:25│Comments(0) ふと思うこと 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい