2019年03月21日

Aシートはええシート

金曜日を年休にできたのでお彼岸ということもあり実家に帰省。ダイヤ改正後の初の帰省ということでそのまま帰るのはもったいなく、いろいろと楽しみも盛り込みました。まずは、近江鉄道。いつも新幹線で米原−京都間で並行して走るところをよく見かけて、当然のごとくあっという間に抜き去ることが多いローカル電車。米原で降りるついでがあったので乗ってみました。その前に米原でみかける鉄道総合研究所の新幹線試験列車3列車を間近にみる機会も。乗り換えに30分くらいあったのでぶらり散歩して写真撮影してみました。いつもは新幹線の中から遠目にみかけるこの3体。はじめて静止してみることができました。300X STAR21、WIN350と西、東、東海のそれぞれの試験車両が並んでるのが壮観です。見学できればいいのですが、残念ながらそのような雰囲気もなく、時間もあまりなかったので駅に戻って、いざ近江鉄道の旅に。八日市までのんびりとガタゴトゆられます。途中、新幹線と並行して走る区間は3回くらい新幹線とすれ違いました。結構長い平行区間に感じるのは単にこちらの速度が遅いからですかね。((+_+))八日市に到着すると5月に引退予定のあかね号が停車していました。乗れないのは残念ですが、引退前に見られただけでもよしとしましょう。ここで乗り換えて近江八幡まで。ここからはまたJRに戻り、新快速電車始発の野洲まで移動。そう本日のお目当ては新加速に新設されたAシートと呼ばれる有料車両に乗車すること。500円支払うとリクライニングしてWifiと電源コンセントが利用可能な、まさに関西弁でいうところのええシートなわけです。事前予約する必要がなく、着席できた時点で車掌が回ってきたら整理券を購入するという仕組みらしいです。料金設定しかり、関東のグリーン車よりかは割安感があっていいですね。で、まずはどんなものかと乗ってみようと。野洲が始発なので余裕で座れるだろうと思っていたら、同じような鉄男さんだらけ、長蛇の列ができているではないですか。まぁ、運行開始で、まだ1日4本しか運行されないという希少価値もあって、混雑必死のようです。入線した車両に順番を守って駆け込みますが、結局窓側の座席は着席できず。46席しかないので致し方なしですかね。まぁ、着席できただけでもよしとしましょう。シートテーブルの特権を利用して駅弁を食べる人、コンセントでスマホ充電をする人、さまざまですが、明らかに鉄分濃いような人たちだらけ、始発駅から満席になるのは後にも先にも今だけのような気がします。なんとか無事に新大阪に到着です。2019-03-21 09.58.372019-03-21 10.00.402019-03-21 12.58.022019-03-21 12.19.58

taka7107 at 19:50│Comments(0) 鉄道 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい