2019年05月10日

何事もNoという社員が多すぎて。。。

若手をどう育成するかという難しい問題。まぁ、育成というか昇進するにあたっての動機づけなのですが、昇進・昇格するということは今のランクから上がるというわけなので、視野を広しくしなければいけないのは当たり前の話。ところがなかなか視野が広がらないというか、長い間信念をもって仕事をしている人は、新しいことを受け付けない傾向があって困り者だ。とにかく目の前にある案件をさばくことばかりを考えて、それ以外のチームに致して支援をしてあげるだとか、組織全体が成長するにあたっての営みを何かしなければいけないという意識が回らないようだ。今回、せっかく昇進者を選定するという時期になり、とある異業種交流のタスクを依頼しようとしたら、10人中、9人までが今の仕事が手一杯でできませんの回答。う〜ん、中には課長と相談しましたがという回答もくるのだが、課長と相談して、課長を説得できないこと自体がレベルが低いとしかいいようがないし、課長が部下を新しい分野に送り出すということをやらないこと自体、課長のレベルが低いとしかいいようがない。まぁ、幸い1名が立候補してくれたのでなんとかなったものの、毎回こんな消極的な仕事のやり方をしていたらいつか組織が破綻しそうな気がしますわな。仕事の場はとにかくプラス思考、何かお願いされたら(特に上長からの依頼であれば)NOといわないのが日本人の社会人の美徳だったはず。働き方改革でみんな楽にならなければいけないという変な先入観が入っているのか、自分たちは自由に楽を選択できるんだなんて勘違いしている部下が多すぎて困りますわな。まぁ、そういう人たちを昇格候補にあげたいとは思わないだけなんですけどね。

taka7107 at 11:13│Comments(0) お仕事 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい