2019年05月19日

さよなら1753×4R、記念撮影会

金曜日のガンダムコラボナイターを終えてホテルで一泊。尼崎駅の近くなので梅田にでるにしても便利な立地のホテルだ。当然甲子園での応援に宿泊される方も多く、ロビーにはタイガースのメガホンが並べられている。で、無料の朝食もついているので便利。ついつい食べ過ぎてしまうバイキングなので控えめにして、いざ出発。日生中央駅にて能勢電の1700系という形式で1753(妙見口・日生中央側のナンバー)のナンバーをつけた4両編成が金曜日で営業運転を終了し、土曜日が最終日。この日は抽選で当選した人だけ招待される撮影会なわけです。今回初めて申し込んでみたのですが見事当選。10時と12時の2回にわけて開催されるこの撮影会の10時の部に参加しました。日生中央の駅に9時半に集合して、駅の先にある留置線のエリアまで誘導され受付。参加料の2000円を払うと、非売品のスマホスタンドとかの入った袋を手渡されて準備完了。どうやら撮影会というのは単に車両を撮るのではなく、先頭車両に列車種別・行先表示板(運行表示票といったり、サボと言ったりする)を掲げて、撮影するというのがメインのようです。今回表示されるサボの一覧メニューが表示されていて全部で15種類ほど。で、1753側の方は能勢電時代に使われたサボが中心、逆に川西能勢口側の1703側はなんと車両番号が1703から2005という阪急時代のものに変更、また表示幕という箇所を埋めて、昔の阪急時代の姿に変身しての撮影となりました。能勢電時代のものでは、610系で使われていた、妙見口ー川西能勢口の表示から、妙見急行、日生急行、そして2004年に一度だけイベントで運行されたという、川西能勢口ー日生中央の臨時特急など、懐かしいものからレアなものまで涙がでそうになりました。逆の阪急側はブレーブス時代のものや1981年に開催されたポートピア81のサボなど、これまた懐かしい。古きよき、振るマルーンの阪急を堪能することができました。時間的には1時間半ほど。なかなか堪能できた撮影会でした。ちなみに土曜日からこの編成の入れ替わりとして7200系の第二編成、7201×4Rが運行開始。本当に長い間おつかれさまでした。20190518093528
20190518093557
20190518101537
20190518103124



taka7107 at 07:27│Comments(0) 鉄道 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
おすすめの逸品(プリンタ)
おすすめの逸品(無線LAN)
おすすめの逸品(Music)
おすすめの逸品(本)
おすすめの逸品(DVD)
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい