2019年09月03日

【ネタバレ注意】天気の子を見たが。。。

先日やっと天気の子を見た。ネタバレになるのでこれ以降はばらされたくないひとは読まないように。ストーリーとしては正直あまりおもしろくない。新海監督のあの「君の名は。」の次作なのですごく注目は集めているようだが、う〜ん、どうしてだろう。ストーリーが自然災害という点が前作に通じるところがあったり、晴れ女という天気の巫女が、前作の宮水三葉に似ている、また今回の主人公の帆高(ほだか)が前作の立花瀧と非常に似ているような設定もあって、少しあきたという感じなのか。そして最後の陽菜を救うために警察から逃げ回るシーンもなんとなくなぁ。。。と。あまり自然災害以外の人間ではないキャラを敵にしてしまうとジブリっぽくなってそれこそおもしろくないのだが、それにしても警察に追われるかなぁ。。。というところがなんとなく楽しめないところかもしれない。最後は2作連続のハッピーエンドかと思いきや、東京が水没して、それが陽菜を助けた代償だと言われるとこれまたねぇ、ぼんやりと。水没は確かに数百年前の東京に戻ったかもしれないが、埋め立て開拓できたのと、できたところを水没させる、これはまさに村がダム建設で湖の中に沈むのと同じようなもので、これはなかなか受け入れがたい事実ではある。そしてなにより、この次の作品が作りにくいですね。この設定を引き継ぐと、おそらく5年後くらいにできるであろう次作においてあの新宿の光景が見られことはなくなりそう。まぁ、まったく違う設定の話になるのかもしれませんね。そういう意味で次作に引き継げない作品を作ってしまったのかもしれません。 ちなみに今回のおもしろかったところは、君の名は。でもあった前作のキャラクターが登場するということ。瀧君があのおばあちゃんの孫だったということに全く気がつかず、ただ、三葉だけは登場シーンが少し不自然だったのと、名札がアップででるのでこれはわかりやすい。新宿でジュエリー店の店員をやっていたんですね。ただ、宮水の名札で立花になっていない。結婚前なのかもしれないですな。その後、高島平に転居したおばあちゃんを訪ねた帆高が孫が結婚したという話を聞いて、ふたりは結婚したのだということがわかるのだとか。あとテッシーとさやちんがお台場の観覧車に乗っているシーンがあったり、雨がやんだあとに声をあげる四葉の登場があったりとしたらしいのだが、まったく気がつかなかった。これは1回では気づかない人のためにもう一回見させる作戦?こういったコネタがあるのが新海作品の見所でもあるのでもう少しいろいろと探してみよう。ただ、前作のように3年ずれていたなんてことはなく、ただ歳を3つごまかしていたはあったか。そのあたりでコネががあるのだろうか?年がずれていたはおもしろかったが、歳をごまかしていたはなんとなくねぇ。。。

taka7107 at 07:35│Comments(0) 君の名は。 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい