2019年10月02日

下期はスタートしたが問題山積

6連勝でCS進出を決定した我がタイガース。あと6連勝すれば、CS突破して、日本シリーズ進出かつ、甲子園に戻って試合ができることが確定する。そしてその後4連勝で日本一の栄冠に。すなわち、これから10連勝すれば日本一ということですな。リーグ戦後半から一気に16連勝で日本一とはこれはミラクルで記憶に残りそう。日本シリーズといえば、4−33といういななトラウマがあるんですが、今年はロッテは出てこないので、西武との対決で、1985年を思い起こすような日本シリーズであってもらいたいものです。一気に日本一へ。タイガース、がんばれ。( ´▽`) さて、10/1ということでいろいろと仕事面で出来事が大きい。我が部署に3名の入りがあったのでその挨拶の対応があったかとと思うと、伝えた、伝えていないというコミュケーションロスによる不手際があったり、さらにはうちから送り出したメンバーが初日に向こうの部署でトラブルを発生という不具合。これは少し驚きの事実ではあるが、詳しくは書けない。いろいろとあったが、一番衝撃だったのは、いままでなかなか進まなかったプロジェクト。ステークホルダーをあつめて、いろいろと話を聞いてみるといろいろな事実が判明した。そして、一番根本のネックがなにで進まないのかがよくわかった。結局はすべてコミュニケーションロスであること。私はこう思っているのだが、それが相手に伝わっているかというとそうではない。何か勝ってな思いこみで進めてしまっているということが問題。で、進めようとすると誰かが自分の思いだけプロジェクトにブレーキをかけて止めるのだ。それは進みませんわ。早く進めなければいけないという思いの私、進めることによって、プロジェクトが大きすぎて失敗をおそれ、その失敗を自分たちのせいにされると困るPMやメンバー、その葛藤がすべてであることがよくわかった。ひとつひとつつぶしながら進めるしかないのだ。本当はこれがPMの役割のはずなんですけどね。ちなみに、これだけこのプロジェクトに助言しているに関わらず、体制図に書いてくれていないという失礼な話もあるのだが、そこは気がつくまでほっておきましょう。ステークホルダーを把握できない、ステークホルダーマネジメントができないプロジェクトがやばいことは前回の案件で学んだ教訓だ。

taka7107 at 07:22│Comments(0) お仕事 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
TAKA
「あたらしいもの」「便利なもの」「お得なもの」「かわいいもの(hina)」が大好き。藤沢市在住。妻(yuki)一人、娘(hina)一人。かなり運動不足。。。でもBMIは22。(最近ちょっと太ったの)
コロプラ
livedoor 天気
クリックしてね
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
ここから買ってね(楽天)
あわせて読みたい